土讃線、日高―佐川の沿線

user-pic
0
dosansen3.jpg Facebook 高知会おきゃくの仲間から誘いがあって佐川町での花見に参加した。7日の土曜日は冬型の転機がぶり返しでどんでもない寒さだった。羽毛のコートにマフラーを着てJR入明駅柄ローカル列車に乗った。高知以西の土讃線は初めてだったので、わくわくした。円行寺から先は高架線を下り、住宅街をぬうように走る。沿線のサクラとレンギョウが美しい。

  市外に出ると、もう家はない。今度は山裾をぬうように走る。山にはヤマザクラが咲き、駅に近づくと今度はソメイヨシノの花吹雪が迎えてくれる。高知の田圃にはすでに水が引かれている。田植えを終えた田圃もあると昨日のニュースでやっていた。

 さすがに単線のローカル列車である。佐川駅まで1時間半の間に3回、通過列車と追い越し列車と3回も待ち合わせある。

 急ぐ度ではない。止まることが楽しい。ホームに下りて駅の風を受ける。サクラを堪能する。駅名の由来を考えることもある。



dososansen2.jpg 土佐加茂という駅では、駅名の由来を考えることもあった。たぶんその昔京都から勧請された近隣に鴨社があり、もしかしたらその荘園だったかもしれないなどと想像をめぐらす。





















dosansen1.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1838

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2012年4月 7日 20:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「土佐山間に咲き続けるひょうたん桜」です。

次のブログ記事は「佐川町での花見」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。