土佐山間に咲き続けるひょうたん桜

user-pic
0
120405hyotan.jpg 5日、仁淀川町桜のひょうたん桜を見に行きました。八分咲きといったところでしょうか、樹齢500年の風雪に耐えてきたということですから、戦国時代、長宗我部元親の活躍より古いことになります。たびん四国一古いサクラでしょう。この風が強く寒い日でした。親戚のおばさんがおでんとうどんをごちそうしてく れ、暖まりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1837

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2012年4月 5日 20:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牧野富太郎が愛したセンダイヤ」です。

次のブログ記事は「土讃線、日高―佐川の沿線」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。