民主主義: 2005年9月アーカイブ

2005年09月19日(月)
萬晩報主宰 伴 武澄
  総選挙から一週間がたった。民主党の代表選挙はほとんど関心がなかった。大敗した政党の代表の責任論と去就はともかく。立て直し役の選出が連日新聞の一面 トップを飾るなんて笑止ものだ。それこそ静かに時間をかけて行うべき作業で、フラッシュライトを浴びるような立場にはないはずだ。前原誠司氏という若い世 代が新しい代表に選ばれたことはめでたいことだが、勘違いをしてもらっては困る。

 解党的出直しとして新しい民主党の代表を選ぶのだったら、議論を闘わせた上で、前回同様に党員・サポーターによる代表選びをするべきだった。特別国会に 党の代表が必要なら、適当な人を代表代行にして、首班指名も自由投票ですんだはずだ。どうころんだって民主党から首相が生まれるはずはないし、郵政民営化 法案の審議で与野党が真っ向から対決することもないのだから、当面は代行で十分だ。泥縄式に両院議員総会で代表選びをしたことは国民的政党の意に反する行 為だったと思う。

 仲間うちで、総選挙での民主党の敗因を議論するなかで「そもそも民主党の党員って聞いたことある?」という疑問に突き当たった。調べてみると前回、岡田 さんが選ばれた代表選挙当時の党員はたった3万人しかいなかったそうだ。

 今回の自民党のように造反すべき組織すらなかったというのが残念ながら、民主党の現在の地方組織ではないかと思う。

 民主党は烏合の衆であることはことあるごとに指摘されてきた。なんとはなしにムードが先行して「二大政党」の片方の雄のような気持ちにさせられていた が、よく考えると党員が3万人ではどうにもならない。労働組合への依存から脱却したら実は何もなくなるかもしれないほど基盤が脆弱なのだ。

 日本共産党だって党員が40万人いて、全国支部が2万4000もあるのだそうだ。機関誌「アカハタ」は日曜版を含めると173万部なのだそうだ。共産党 並みとはいわないが、国民政党としてずかしくない党員と地方組織の整備が急務だと思うのだが、どうだろうだろうか。そう日刊の機関紙の発行も不可欠かもし れない。

 解党的出直しを余儀なくされている民主党にいま必要なのは風に吹き飛ばされないような全国組織の確立なのだ。そう思えて仕方ない。民主党には労組からの 上納金があるかとどうかは知らないが、日常の党の運営費ぐらいは党費なり機関誌の購読料から賄えないと国民的政党とはいえない。

 一方で自民党の地滑り的大勝により郵政民営化は国是となってしまった。"国民投票"で決まったのだから、もはや衆・参両院の議論は不要であろう。粛々と 衆・参本会議だけで決着させたらいい。犯人とトリックが分かってしまった推理小説をもう一度読むバカはいない。やったふりの委員会審議のやりとりは国民と しても聞きたくないだろう。

 それにしても郵政民営化反対を唱えて無所属で立候補し当選した議員さんたちに問いたい。「あなたたちに投票したのは小泉さんが嫌いかもしくは郵政民営化 に反対する人たちでしょう。どういう顔で首班指名で小泉さんに投票できるのですか」。せめて次の選挙までは自らの主張を貫かないと投票してくれた有権者を 裏切ることになる。
2005年09月14日(水)
萬晩報主宰 伴 武澄
  与党の自民・公明で327議席。総選挙の結果はだれもが驚くものだったに違いない。小泉自民党に風が吹いたことは確かだが、小選挙区制というものは争点次 第でどちらかに大きくなびくのだということを知らされた。自民党執行部は決してこの結果を喜んでいるはずはない。ポスト小泉の選挙で逆のことが起きても不 思議はないということに不安を抱いているはずだ。

 今回の総選挙の争点は「郵政民営化」だった。何と言っても衆院を解散した小泉さんが「国会で否決された民営化法案の是非を国民に問いたい」と論戦を挑んでいるのに、岡田さんは「争点は年金と子育てだ」と言った。この時点ですでにボタンの掛け違いがあった。

 小泉さんは春先から熱を帯びていた国会での郵政民営化の論戦を"場外"である選挙という場に持ち込んだ。これについての議論はあるものの、選挙が戦いで ある以上、同じ"土俵"で闘わざるを得ない。だのに違う土俵を書いて「戦場はここだ」と言っても勝負にならない。有権者から「岡田さんは論戦を避けた」と いう印象を受けても仕方ない。取り巻きを含めて岡田民主党の敗因はずべてそこにある。そう思う。

 小泉さんの勝因は何度も言うが、自民党の一番ダーティーな部分を切ったことだ。まだ完全に切ったとは言い切れないが、少なくとも政党としての既得権益の相当部分を断ち切ったことは確かだ。これからの仕事は最後の砦である官僚の既得権益をどう切り崩すかだ。

 既得権益という立場では、これまで官僚と自民党は二人三脚的だった。持ちつ持たれつの関係にあった。予算と情報を共有することによってお互いがお互いを 必要としていた。官僚はいつだって自民党の族議員に配慮して予算を編成、その余慶としてちゃっかり天下りポストをつくるするなど自らの退職後の収入源を確 保してきた。

 これまで以上に予算を含めて首相官邸が行政の指導権を握ることになる。後ろ盾を失った官僚はこれからどう行動するのか。ポスト総選挙の見せ場は見ものである。

 実は小泉さんの役割は「自民党をぶっ壊す」ことにあったのだと思う。この人にぶっ壊した後のことを期待してはいけない。明治維新もそうだったが、幕府を ぶっ壊す役割と明治政府をつくる役割は自ずと違っていたのである。同じ人に両方の役割と求めてはならない。新しいシステムを生み出すエネルギー以上に古い ものをぶっ壊すことほど難しいものはないのである。

 当選議員の一覧をみていて感じたことだが、自民党も民主党も当選3回までの議員がほぼ3分の2に近くなっている。いつの間にか、衆院議員のメンツが入れ替わっているのである。不安がないわけではないが、選挙を面白くしている一つの要因なのだろうと思う。
 きっともう一回総選挙をすれば日本でも40歳台の総理が誕生する素地が生まれるかもしれない。そう期待したい。自らの老後を考えない世代が政治をリードしなければ日本は生まれ変われない。
2005年09月10日(土)
萬晩報主宰 伴 武澄
 小泉自民党への支持を打ち出した萬晩報に対して「マスコミは平等でなければならない」とのおしかりメールを何通かもらった。萬晩報はそもそも個人が運営するサイトでマスコミではないことをまずもって言いたい。問題はマスコミである。

 なぜアメリカの新聞のように支持政党を鮮明に打ち出さないのかという疑問が昔からあった。たとえば今回の選挙で朝日が岡田民主党を支持し、読売が小泉自 民党を支持するという構図が生まれれば、紙面は応援合戦となるから俄然盛り上がる。有権者にとっても争点がより分かりやすくなる。

 選挙がおもしろくなることに不満の読者も少なくないと思う。昨年の参院選で「萬晩報始まって以来のつまらない選挙だ」というコラムを書いた時も「つまら ないとは何事か」という叱責をもらったが、選挙がおもしろいのは役者(候補者)がそろっていて、争点が際立っている証拠でもある。さらにいえば応援団が盛 り上がることである。

 日本の選挙が概しておもしろくなかったのは、まず役者が悪かったことである。ポスターを眺めても投票したい人物がいなかった。各党の主張も外交から景気 にいたるまで耳障りのいいことばかりが総花式に並んでいて政党や候補者の名前を入れ替えてもほとんど見分けが付かないほど違いがなかった。

 今回の総選挙がおもしろいのは、小泉自民党と岡田民主党というリーダーが全面に出てほとんど首相公選の様相を呈していること。加えて「郵政民営化」とい う争点が明確であるからである。野党からは「郵政民営化一本やりでいいのか」という批判もないこともないが、当初「年金と子育て」を争点としようとした岡 田民主党も半分は「郵政民営化」の土俵に登らざるをえなくなっている。

 この明確な対立軸に大手新聞がそれぞれの陣営の応援団としてのっかれば、さらに盛り上がり、新聞の売り上げも倍増したはずなのだと思っている。

 大手新聞が旗幟を鮮明にしない理由がいくつかある。まずは多くの新聞社が綱領で「不偏不党」をうたっているからである。片方の政策を応援できないとなる と、「○○ではあるが、一方で××でもある」という読者からすればどちらが正しいのか分からない記事が乱立することになる。

 参院で郵政民営化法案の採決があった前後の毎日新聞と日本経済新聞は一面に郵政民営化を支持する"論説"を掲載した。おー日本のメディアもようやく旗幟 を鮮明にする時代に突入したかという思いにふけったが、解散が決まり、選挙戦に入ると毎日も日経も是々非々の紙面に戻り残念な思いをしている。

 郵政民営化はまだ改革の入口に過ぎない。星野仙一氏も阪神に残るという意思表示をした。野球と同様、盛り上がりには役者が不可欠で応援団も必要なのである。

このアーカイブについて

このページには、2005年9月以降に書かれたブログ記事のうち民主主義カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは民主主義: 2005年8月です。

次のアーカイブは民主主義: 2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ