民主主義: 2000年4月アーカイブ

2000年04月10日(月)萬晩報主宰 伴 武澄


 4月8日の朝日新聞の天声人語に「小渕前首相幽閉説」が載っていたから、読んだ読者も多いと思う。筆者が電車の中で思いついたのはこんな風景だ。

 小渕さんの病状が好転してある日、退院して、世の中の変わり様に驚嘆し、「俺は青木さんを首相臨時代理に指名した覚えはない。森内閣は法的正当性を欠く」と官邸の明け渡しを求めた。電撃的な首相交代劇は巧妙に仕組まれたクーデターだったのである。

 一方の森さんは「私は国会の正式な手続きを経て首相に指名された。手続きに瑕疵はない」と発表して、居直った。首相臨時代理の青木さんが国会に首班指名を求めたのだから当然だが、当然ながら世の中は騒然となった。

 ●語り部は青木官房長官たった一人

 多くのマスコミ情報を総合すると小渕さんの病状はかなり深刻だということであるから、実際はありえない空想である。だが、そうだからといって密室の中で起きた「首相臨時代理の指定」への疑いが晴れたわけでなない。

 青木官房長官は3日午前11時の会見で「2日午後7時に小渕首相を見舞ったとき、首相から『有珠山対策など一刻もゆるがせにできないので、検査の結果によっては青木官房長官が臨時代理の任に当たるように』指示を受けた」と発言した。

 語り部が青木官房長官だけというのも不思議な話である。小渕さんが倒れてからだれも病院に見舞いに行って いないのである。しかも女房役の青木官房長官が見舞ったのは入院を知ってから10時間以上も経っている。不思議なことばかりである。刑法だったら、裁判所 がこんな「やりとり」を証拠として採用するはずもない。

 森新内閣は、小渕さんが入院してからたった3日で誕生した。手回しのいいことにその2日後には所信表明演 説まで終えた。ものすごいすごいスピードである。正確にいえば、青木、野中、森、村上、亀井という自民党の5人の幹部によって入院の24時間後には森さん を後継首相にすることまで決まっていたのだから驚く。

 この1週間多くの疑問が頭をよぎった。まず考えたのはこの決め方のスピードが異常だったことである。

 首相臨時代理を置くことはなにも特異なものではない。首相の外遊の際には必ず、臨時代理が置かれるのであ る。たとえ小渕さんが病床で青木さんに「検査の結果によっては青木官房長官に臨時代理の任に当たってくれ」という指示があったとしても、臨時代理指定がた だちに首相交代にはつながるわけではないはずだ。

 一部の報道で「小渕脳死説」が出たとき、青木官房長官は「心外だ」と激高したのである。その舌の根も乾かないうちに森内閣が成立するのだからやはりどこかおかしい。しかも永田町のだれもが「政治の空白」を錦の御旗に沈黙してしまった。これも分からない。

 青木官房長官が臨時代理として首相の任に当たれば「空白」などは生まれないし、逆説的にいえば日本という国家は首相が1カ月やそこら入院して国家機能がマヒするような権力構造にはなっていないことを誰でもが知っているはずだ。

 ●臨時代理指定への晴れない疑問

 不思議なことは、内閣法に首相が臨時代理を指定しないで「死亡」もしくは「意識不明」になった場合の規定がないことである。1980年に大平首相が在職中に倒れるという例があったにも関わらず、法整備を怠ってきたのは歴代内閣の過失である。

 森内閣では早期に臨時代理を指定しておくそうだが、ぜひとも法改正が必要である。

 だがその前に、明確にしておかなければならないのは「臨時代理の指定」があったかどうかである。少なから ぬ専門医たちは青木官房長官が病院を訪ねたとされる2日午後7時の時点で、小渕さんが意志を明確に表現できるような状態にあったはずはないと言っている。 そもそも青木官房長官が小渕さんと面会できたかどうかさえ疑わしいというのである。

 内閣法9条には、あらかじめ首相臨時代理の指定がなかった場合のことは規定がないが、常識的に考えて、官 房長官なりが閣議を開いて相談すべきものではないだろうか。実際に閣僚には首相に閣議を求める権限はあるが、召集する権限はない。だが、そもそも法律に規 定がないことを行うのだから、たった5人による密室での謀議よりは格段に国民の理解を得られるというものだ。

 ●野党は主治医を国会に喚問すべきである

 万が一、青木官房長官が虚偽の会見をしていたのだとしたら、当然ながら森首班の正当性が問われることになる。いくら国会で首班指名を受けたとしても、その前提となる内閣総辞職が無効だから、法律的には小渕内閣が現在も生きていることになる。

 クーデターでもないかぎり、現実にそんなことが可能なのかどうか分からない。だがこの一週間に日本で起きた政変劇にはそんなことまで国民に心配させるような疑わしさがつきまとうのである。

 ではわれわれはもはやこうした疑念を晴らすチャンスには恵まれないのだろうか。いやそうではない。

 実はすべての真実を知っているはずの語り部がいる。小渕さんの主治医である。この主治医が真実を語ればす べては白日の下に晒される。本来、小渕さんの病状はこの主治医の口から語られるべきものである。昭和天皇が危篤になられてからだって担当医が記者会見して 天皇の病状を逐一マスコミに公表したのである。主治医があくまで記者会見をしないというなら、野党はぜひこの主治医を国会で証人喚問すべきである。


■内閣法

第4条【閣議】
(1)内閣がその職権を行うのは、閣議によるものとする。
(2)閣議は内閣総理大臣がこれを主宰する。
(3)各大臣は、案件の如何を問わず、内閣総理大臣に提出して、閣議を求めることができる。

第9条【内閣総理大臣の臨時代理】
内閣総理大臣に事故があるとき、又は内閣総理大臣が欠けたときは、その予め指定する国務大臣が、臨時に内閣総理大臣の職務を行う。



2000年04月06日(木)萬晩報主宰 伴 武澄


 小渕前首相の急病による政権交代で森内閣が生まれていたころ、規制緩和に逆行する政府の会議が開かれてい た。お酒の販売免許の許認可が今年9月に一部撤廃されるのを前に、未成年の飲酒防止策などを図る総務庁、公正取引委員会など関係省庁連絡会議の初会合が あったのである。

 ●言い出しっぺは武藤元総務庁長官

 未成年の飲酒防止などという誰もが反対できないスローガンを挙げているが、実は酒販業界が新規参入を阻止し、お酒の安売りをやめさせようと謀っているにすぎない。

 具体的にいえば、新たに酒屋を店開きするときに既存の酒屋と一定の距離が必要とされる基準の廃止を3年間延期させようとしているのだ。

 言い出しっぺは武藤嘉文元総務庁長官である。自民党の一部が「規制緩和が行き過ぎだ」と「種類販売の不当廉売防止策」を求めた。自民党にとっても選挙を控えて支持基盤の酒屋のおっさんどもの協力を得る強力な武器となる。

 問題はこの有志の会の「日本経済を活性化し中小企業を育てる会」という名称である。一見変哲もない名称であるが、会に主旨からすれば、守ろうとしているのは中小業者だけであって「日本経済の活性化」は付録のようなものである。

 武藤氏は「弱肉強食の行き過ぎを是正したい」と主張しておられるようだが、果たして日本で規制緩和は進ん だのだろうか。萬晩報から見れば、規制緩和は中途半端どころか、目標だけが掲げられて実際には多くの規制がそのまま生き残っているところに日本経済の隘路 があると言わざるを得ない。

 日本という国の問題点は景気が回復基調に入ると自分の病状をすっかり忘れて、暴飲暴食に走るところにあ る。これまで何回規制緩和がさけばれて、何回緩和を先延ばししてきたかしれない。平成の大不況と経てようやく日本も自らの患部にメスをいれるのかと思って いたら、この体たらくである。

 もう一つ問題があるのは、自民党の単なる有志の会の提言を政府が総がかりで対処し始めたことである。そも そも武藤氏は規制緩和を押し進める元締めの元総務庁長官であると同時に自民党の行政改革推進本部庁である。これまで行革で培った人脈を使って、自ら判断し て決めたはずの総務庁行政を逆行させようというのだから度し難い。

 ●タクシーの規制緩和にも魔の手

 この育てる会は、タクシー業界の規制緩和についても近くもの申す方針だ。まがりなりにも同一地域複数料金 が実現し、今年から新規参入や増車を自由化する段取りになっている。京都では路線タクシーなどという新しいアイディアまで出ている。多くの市民は競争が激 化して業界のアンシャンレジームが淘汰されることを望んでいる。

 実は守っても欲しいと考えているのは業界団体だけで、票が取れると誤解しているのは自民党議員だけである。

 意欲ある企業はそれぞれに規制緩和に対処した経営方針を考えていたはずだし、心ある自民党議員はもはや旧来の支援団体は頼りにならないことを知っているはずだ。

 いずれにせよ、タクシー業界の規制緩和の実施延期が運輸省中心に語られる日が間近に迫っていることだけは確かだ。


このアーカイブについて

このページには、2000年4月以降に書かれたブログ記事のうち民主主義カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは民主主義: 2000年1月です。

次のアーカイブは民主主義: 2000年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ