ギニア物語: 2000年1月アーカイブ

2000年01月26日(水)Conakry発 齊藤 清通信員


ギニアでは大粒マンゴーが出回り始めました。10日ほど前に「マンゴーの雨」が降り、この日あたりを境にして、市場や露天の山積みのマンゴーが、市民の舌を楽しませてくれるようになりました。とっても甘いですよ、おいしいですよ。この季節、人々は飢えることを忘れます。

◆豊かな国々の運命

西アフリカのギニア湾に沿って南下する形で、ギニア、シエラレオーネ、リベリア、コートジボワールと、4つの国が寄り添って並んでいます。どの国も水と緑が豊かで、自然環境には充分に恵まれた国々です。

そしてある時期には、それぞれの国が、アメリカ大陸への労働者を奴隷として送り出し、その後には、植民地と いう形で西欧に隷属し、海を越えた国々を豊かにするための礎となってきました。第二次世界大戦の後しばらくして、形としては独立国家となったものの、現在 に至るまで旧宗主国との腐れ縁を断ち切ることはなく、お互いに主従関係を確認し合いながら生き続けているのも、この4つの国に共通した特徴です。

これに加えて、これらの国々が相互に絡み合う話題のひとつとして、今回はダイヤモンドをとりあげてみます。――そうです、光り輝く貴重な天然の石、あのダイヤモンドです。

◆輝く石の旅路は

あなたの手元へ憧れのダイヤモンドが届くまでの道筋は、けっして単純ではなさそうです。ロンドン、アント ワープ、テルアビブ、ボンベイ、ニューヨークあたりの原石買い取り業者から加工業者、そして、その他もろもろの関連業者の海を渡り、荒れる旅路を乗り越え て、そのようにしてやっと、あなたの町の宝飾店にまばゆいばかりに輝くダイヤモンドが到着する、というのが常識的な理解ではあるのでしょうが、それでは、 その原石はどこで採れたものか、あなたはご存知ですか。

南アフリカのとある町で掘り出されたきれいな石が、たちまちのうちに世界の人々の羨望の対象となり、貴重で 高価な品物として認知された、という神話が先進諸国に浸透したのは、比較的最近のことです。そしてその生産地は、ロンドンの有力業者が公式に発表している 範囲だけでも、ボツワナ、南アフリカ、ナミビア、ロシア、カナダ、オーストラリアと、世界の各地にまたがっています。

そして、それらの土地で産出されたダイヤモンド原石は、ロンドンのシンジケートを通して世界の市場へ供給さ れ、「ロンドン」が市場を全面的にコントロールしている、と一般的には信じられています(いるはずです)。これも、神話の領域にかなり踏み込んでしまって いるようでして、正確には、信じさせようとしている、そして支配したいと願っている、というべきなのですが、それにしてもロンドンの力が並外れたものであ ることは否定できません。

このささやかなレポートは、その全体像を白日のもとに、などという不届きな野心を持っているわけではありません。以上を布石として盤の上に置いたまま、このギニアから肉眼で透けて見える範囲のごく狭い世界を、あなたにだけそっとお伝えする、ただそれだけです。

◆シエラレオーネの内戦

ギニアの隣国、シエラレオーネ共和国は、1992年4月のクーデター以来、血を血で洗う内戦が7年間にわたって続けられました。この間、更なるクーデターやら、現職大統領のギニアへの亡命・帰還等、めまぐるしい動きが繰り広げられます。

また、1997年10月の和平合意を受けて、ECOMOG軍(西アフリカ経済共同体平和監視軍)が動いたも のの事態は好転せず、戦闘は泥沼と化するばかりでした。98年2月になってから、ECOMOG軍がその主体となっているナイジェリア軍を増強して、本気に なって攻勢をかけた結果、首都フリータウンの奪回に成功し、ギニアへ亡命中の大統領が本国への帰還を果たしたものの、その時点で、国内は依然として叛乱勢 力の手中にありました。内陸部での戦闘は継続。

その後、ECOMOG軍と近隣諸国政府の支援を受けながら、叛乱勢力RUFのリーダーを副大統領格としてとり込み、同時に複数のメンバーを閣僚として迎えることで、99年7月、改めて和平合意。

◆無尽蔵な軍資金

ところが、叛乱軍の実質的な現地指揮官――殺した人間の血を吸う「モスキート」とあだ名される男が武装解除 を受け入れず、和平合意後も、戦闘員と共に国内各地で散発的なゲリラ戦をしかけて、中央政府とECOMOG軍を脅かせ続けました。また非協力的な住民に対 しては、コソボ紛争以上ともいわれる残虐な仕打ちをしています。

ともあれ、ここで気になるのが叛乱軍の資金と装備の問題でしょう。これほど長期間の戦闘を続けるためには、それなりのモノがたっぷり必要になることは確かです。そうなのです、彼らには、潤沢な資金と必要にして充分な武器が、常に供給される環境があったのです。

その源泉は、実はダイヤモンドでした。ギニア、シエラレオーネ、リベリアの各国は、それぞれに品質の良いダ イヤモンドを産出しています。叛乱勢力が根城としているシエラレオーネ東部地方は、特に産出量が多いといわれる地域で、その地域を支配している限り、資金 調達の苦労はありません。

◆戦火に油を注ぐダイヤモンド

手元に、カナダのPACというONG組織が流したというレポートを種にして、国連のアフリカ地域情報ネット ワークIRINが、1月12日に配信したシエラレオーネのダイヤモンドに関する記事があります。イギリスのBBCも、同じ日にこのレポートをネタにした記 事を流しています。また、デビアス・カナダ社は、翌日付けでこのレポートについてのコメントを出しました。

この記事によれば、レポートの主張は、「シエラレオーネ産のダイヤモンド原石が、闇のルートを通して大量に ベルギーのアントワープに流れている。この資金が戦乱を拡大させている。国連の平和維持軍を産出地に配置してこの闇ルートを押さえさせると同時に、首都フ リータウンに『正規のダイヤ買い取りエージェント』を設置することを提言する」というものです。

BBCも、「ロンドンとアントワープが、叛乱勢力の違法な取引によるダイヤモンドを、目をつぶって買い取っていることが戦火に油を注いでいる」と非難しているようでした。

◆ダイヤモンドの流れの記録
このレポートは、世界の原石生産量の半分を買い入れているといわれるベルギーのアントワープで、HRDという組織が集計しているダイヤモンド原石の各国ご との買い入れ実績を、問題としている国の分について次のように示しています。(ただし、大粒の原石は集計から漏れている可能性が大)

 1.リベリアから年平均600万カラット以上。(1994-98の間に、合計3,100万
   カラット以上)
 2.コートジボワールから毎年150万カラット以上。(1995-97の間)
 3.シエラレオーネから77万カラット。(1998のみ)
また、リベリア自身の生産能力は、年間15万カラット程度と見積もっていること、コートジボワールでは、 1980年代半ば以降の公式の生産は停止されていることを付け加えていて、要は、これらの原石は、シエラレオーネ原産のものが「違法なルート」で輸出され たものであるとアピールしています。

◆狸の皮算用

試みに、以上3カ国からの輸出量の合計827万カラットに、カラットあたりの想定単価350ドルをかけてみ ると、その金額はおよそ3,000億円になります。また、なぜかこのレポートが記述を避けているギニア経由アントワープ、更にはロンドンへの流れも現実に はあるわけですから、この数字はさらに膨らみます。

ちなみに、ギニアの1999年度の国家予算の歳入期待額はおよそ500億円でした(実績は大きく下回るは ず。予算総額は900億円)。大雑把に比較すれば、シエラレオーネはギニアの半分程度の規模の国家といえないこともありませんので、単品の輸出額が 3,000億円を超えるということであれば、これはただ事ではありません。輸出税を10%も徴収できたとすれば、あとは左団扇です。

また、輸入する側にしても、これを加工して付加価値をつければ、あなたもご存知のように、けっして安くはないダイヤモンド宝飾品ができあがります。その総額は、口に出したくもないくらいの大きな数字になるはずです。

この「違法」な、しかし魅惑的な石の流れを、「正規」の方向へと変えてみたい、と考える人が出てくるのもそれは自然な流れでしょう。一理も二理もあることです。

◆国連軍の広報戦略

そのような背景のなかで、ECOMOG軍は手ぬるい――彼らまかせでは真の和平は永遠に望めまい、との旧宗主国・イギリスの声もあって、国連はシエラレオーネへの平和維持軍の派遣を急ぎます。

さっそく、実に正直な、しかし効果的な宣伝が始まりました。昨年の12月2日には、BBCが「国連平和維持 軍は、インドのグルカ兵を東部のダイヤモンドゾーンに配置する予定」「グルカ兵は、カシミール紛争で活躍した世界最強の兵士であり、同じ部隊がまもなく到 着」等々と放送を開始。これを基本の材料として、叛乱勢力の現地指揮官「モスキート」を名指しし、脅す内容の原稿が連日アフリカ向けラジオ放送で流されま した。

ナイジェリア軍相手であれば、その手のうちは読めているものの、見たこともないアジアの、しかも何か恐ろし そうな感じのイギリスの傭兵もどきがやってきたのでは、さすがの「モスキート」としても勝ち目はないとみたのか、本拠地を完璧に破壊した後、家族を連れ て、12月16日リベリアの首都モンロビアへ飛びました。

置き土産として、叛乱勢力RUFのリーダー・同士であり、現在は副大統領格のポストにぬくぬくとしている(実際は針のむしろ、なのですが)サンコーに向けて、刺客を放っていきました。もっとも、これは「モスキート」の意に反して不発に終わりましたけれど...。

◆三者会談

リベリアのチャールズ・テイラー大統領は、シエラレオーネの叛乱勢力RUFに対してすこぶる好意的です。そ れは、これまでにリベリア経由で輸出されたダイヤモンドの量をご覧いただけば、すぐに納得がいくはずです。そのうえ、この叛乱勢力の武器は、すべてリベリ アを通して供給されていたわけですから、これ以上にありがたいお客はあり得ません。

一方、朋友「モスキート」に刺客を放たれたRUFリーダーのサンコーは、12月14日にはモンロビアに飛ん で、盟友のチャールズテイラー大統領に、「モスキート」の誤解を解くよう仲介を頼みました。その後、三者で数日間にわたる話し合いを重ねたと、国連の情報 機関は伝えています。

リベリアの利益のために、隣国のダイヤモンドゾーンを自動小銃で完全支配していたRUFのためであれば、国際世論を敵に廻しても一肌脱ぐ――これが西アフリカの侠客チャールズ・テイラーの心意気、というところでしょうか。

◆違法ルートをブロックせよ

このようにして、ロンドンの「正規ルート」から見れば、まさに人類の敵とおぼしいアウトサイダーグループが、肩の力を抜いた会話をしている間にも、国連平和維持軍は着々と兵員の配備を進め、1月11日には4,500人以上が持ち場についたと発表しています。

顔見世前の宣伝がかなり派手だった「世界最強」のグルカ兵は、インドからの派遣兵としてごく少数が現地入りし、実際には首都での後方支援に廻されて、医療、輸送、補給等の業務を担当しています。

「違法」なルートを通ったダイヤモンドが、アントワープで換金されて戦禍が拡大するのを防ぐためという理由で、すでに現地指揮官が逃げ出してしまったダイヤモンドゾーンへ、さらに5,000人規模の兵員増強が要請されているともいわれます。

これからは「モスキート」に代わって、国連平和維持軍がその自動小銃を外に向け、「違法」なルートをブロックして、この地で産出されたダイヤモンド原石がわき道にそれることなく、無事ロンドンに向かうよう骨を折らなければなりません。

◆ダイヤモンドには自動小銃がよく似合う

戦乱がほぼ収束したこの時期になって、「シエラレオーネからのダイヤの密輸が戦火を煽る、ダイヤモンドは正 規のルートでロンドンへ」という、ずいぶんと季節はずれの歌を、かなり胡散臭いONG・PAC、国連の広報機関、ロンドンの国営放送BBC、そしてそれら の推薦を受けた形の業界の雄デビアス社が、ぴたりと声をそろえて合唱しているという図――これはすばらしく理解しやすい一幅の旧植民地図会の再現、と見え てしまうのは、マラリア熱に浮かされた私めの妄想なのでしょうか。


斉藤さんのメールマガジン『金鉱山からのたより』は電子メール書店の老舗「まぐまぐ」さんから届きます。
http://www.mag2.com/でマガジンID:0000005790を探して下さい。

斉藤さんへメールはafro-j@ijk.com


2000年01月12日(水)Conakry発 齊藤 清通信員


昨年のクリスマスイヴには、象牙海岸共和国(コートジボワール)でクーデターが実行されました。昨年12月24日付の号外でその第一報をお知らせしたのですが、その後はどうなったのか、というお気遣いの問い合わせをいただいています。

極東の国の大新聞は、西の果ての国々のことなど、丁寧には書いてくれませんし、個別にお答えするのも煩雑過 ぎますので、ギニア在住の不肖私めが、隣国への国境侵犯を承知の上で、いかにも見てきたような少々くさいレポートを、新年早々のお目汚しにお届けします。 いくぶん退屈かもしれませんけれど、少しの時間お付き合いいただければ幸いです。

◆クリスマスプレゼント
1999年12月24日正午近く、アビジャンにあるフランス大使館の正門に、黒っぽいスーツの小柄な黒人を乗せた公用車が、門番に誰何されることもなく、 静かに吸い込まれていきました。事務所に入ったその男は、疲れた表情のままマイクに向かい、ラジオフランスのアフリカ向け放送で流されるはずのメッセージ を、事務的に淡々と読み上げます。

このメッセージは、国民に対する抗戦の呼びかけと、この不法なクーデターに対して、国際機関の救済措置を求 めるものではありましたが、抑揚のない声はすでに訴える力を失っていて、そのどれもが不可能であろうことを、そこに居合わせたフランス人はもとより、たっ た今失脚したばかりの本人自身が良く理解していました。

同じ頃、市内のテレビでは、迷彩服にブルーのベレーをのせた恰幅のいい男が映し出され、「コートジボワールの大統領」と紹介されていました。

次いで画面が切り替わり、どこかの家の庭で、灰色の塀を背にし、シャツをはだけ、疲れ果てて不安げな表情の内務大臣が、「軍はコートジボワールのために働いている」と告げていました。それは「叛乱軍」に一時拘束された前政権の大臣の姿でした。

◆フランスへ行きたしと思えど
翌25日は、フランス大使と「新」大統領との間で、「前」大統領の扱いについての交渉が続けられていました。

そして26日朝、フランス大使公邸で永い二夜を過ごした「前」大統領ベディエ氏は、フランス当局者に対して 改めて「脱出」の意思を表明し、待機していたフランス海兵隊第43部隊の護衛で、フランス大使公邸からアビジャン空港近くのPort-Boueに移動。こ こからフランス軍のヘリコプターAS-555を2機連ねて、家族と共にガーナを越えてトーゴ共和国の首都ロメへ。

年が改まった1月3日、「前」大統領ベディエ氏は、3カ月間の観光ビザで、パリ・オルリー空港からフランスへ入国。

前年3月には大統領としてフランスを公式訪問したばかりの氏は、出迎えのフランス政府関係者に「また来ました」と挨拶。

◆借金依存国家の宿命
この無血クーデターは、表面上は、1999年12月23日朝から突発的に軍の叛乱が開始され、ほぼ24時間後には大統領が交代していた、ということになる わけですが、水面下の動きは当然かなり早くから始まっていました。またその火種についても、時系列的に動きを追ってみます。

国債発行というお玉じゃくしの共食い制度を持たないアフリカのほとんどの国々は、IMF・世界銀行等からの 借り入れを前提としての国家予算を組んでいます。予算の4-5割をも借り入れに依存している自転車操業の発展途上国はザラにありますから、その融資がス トップされれば、たちまちのうちに公務員の給料不払い、借入金の返済遅延等々、多くの障害が発生するシステムが完璧にできあがっています。

蛇足ながら、極東の国債大国の場合は、借換債を含めた平成11年度の国債発行額は79兆円で、国家予算の実質的な国債・借金依存度は、発展途上国の平均的数値をはるかに上回る61%以上になります。

現在では、アメリカの国策銀行であるIMF・世銀のコントロールは、旧宗主国の隠然たる精神的・経済的影響力以上に、直接的にその国の行く末を左右し場合によっては、その政権を吹き飛ばすことのできる充分な腕力を持ってしまっています。

◆しのびよる影IMF
コートジボワールの主要な輸出産品であるコーヒー・ココアの国際価格には、フランスから独立した当時の輝きはなく、80年代にはすでに国の経済を支える力 を喪失していました。それからはご多分に漏れず、長期にわたって経済の不振が続き、遺産を食いつぶす日々が続いていたわけですが、それに加えて、政権の腐 敗を糊塗するために独裁体制がいっそう強化され、国民の不満は当然のように高まっていきました。

そこへ、IMF・世銀という地球規模の権力が、コートジボワールの財政運営の不健全さ、はっきり言えば国庫 金の横領が目にあまる、という理由で、1999年3月から、融資ストップという銃の引き金を力いっぱいに引き絞りました。それまでのIMFの監査では、な ぜか指摘されなかった闇の部分ではあります。

政権の生殺与奪権を握っている巨大な権力が、融資凍結という強力な銃弾を放ったわけですから、その殺人的効果は絶大です。

◆満を持して火を放つ
そうして、時の政権が財政運営に苦しみもがき、同時に腐敗が極点に達して大衆の支持をほとんど失ったその時、元IMF副専務理事で、前政権では首相を務 め、現在は「野党」RDRのリーダーとなっていたワタラ(Ouattara)氏が、2000年10月の大統領選挙への出馬を表明しました。それが1999 年8月1日のことです。

ところで、この対決には、忘れられないひとつの因縁があります。1993年12月当時のボワニ大統領の死去 に伴って、国民議会議長であったベディエ氏が暫定的な大統領に就任した時に、当時首相であったワタラ氏を更迭し、IMFの副専務理事に転出させました。こ のベディエ氏こそが、今回フランスへ「脱出」したあの大統領だったのです。

◆出自をめぐる疑念
「野党」RDRリーダー・ワタラ氏の大統領選挙への出馬表明を受けて、当時のベディエ大統領は、ワタラ氏が提出した出自についての証明書類への疑念をさっそく表明し、もっぱらこの点での攻撃を開始しました。ワタラ氏はその出自に問題があり、大統領になる資格がないと。

西アフリカ一帯での出自についての考え方は、両親双方がその国で生まれている場合に限って、その国でその両 親から生まれた子供がその国の大統領になる資格を有する、というものです。これは、つい少し前に植民地として分割されるまでは、現在の国境とは無縁の伝統 的な支配体制が存在したことから考えれば、あまり適切な輪切りの仕方とも思えませんけれど...。

ともあれ、号外でも触れましたように、ベディエ陣営は、密使に600万FCFA(およそ100万円)を持たせて、捏造書類を調達しようともくろみました。それを公開することで対抗馬の出鼻を叩き、選挙以前に相手を葬り去ろうという作戦でした。しかし、これは露見して失敗。

◆燃え続ける国内
その後も、ベディエ陣営とワタラ氏との綱引きは続きます。しかしながら、コートジボワールのような独裁体制国家では、当然のように政治犯という制度が存在 していますから、大統領の対抗馬がその国内で政治活動をすることは、かなりの危険を伴います。そのため、9月19日大統領公邸での会談を最後に、ワタラ氏 はコートジボワールを離れ、パリに移動します。

この後にも、国内ではワタラ氏率いる陣営が過激なデモをしたり、鬱屈した国民の不満が抗議行動として展開されたりと、しだいに一触即発の状況がかもし出されていきました。氏がリーダーを務める政党RDRの幹部も多数逮捕されました。

ワタラ氏は、「わが国は民主主義を必要としている。そのためには、私も代償を支払う覚悟がある」として、11-12月の帰国を示唆する発言も聞こえていました。

これを受けて、12月8日には、ワタラ氏の逮捕状が発行されました。フランス、アメリカ、イギリス等、少しでも信念を持った大国は速やかにこれに反応して、ベディエ政権に対する懸念の表明と、フェアな選挙を望む声明を出しています。

◆話し合い不成立
そしておそらくは10月頃から、水面下で、ベディエ「前」大統領と軍幹部の話し合いが始まっていました。しかしながら、12月20日頃、大統領自身がすで に当事者能力を喪失したと判断した軍幹部は、「無用な市民戦争を避けるため」に、現職大統領を追い出す行動を最終的に決断します。

12月23日、若年兵士による騒乱開始。空に向けて自動小銃を乱射し、一部の商業地区では、店舗の破壊、商品の略奪をしています。彼らは、単純に待遇改善を要求する示威行為、との認識で動いていました。

ここで、1995年の大統領選挙の後にベディエ氏が正式に大統領に就任した際、軍の参謀長を更迭された経歴を持つゲイ(Guei)氏が、軍幹部に請われた形で登場します。氏の人望は、軍を的確に把握するためには必須のものでした。

そして12月24日朝、ゲイ参謀長は軍の交渉団と共にベディエ大統領と最後の対面をします。その要求には、政治犯として逮捕されている、「野党」RDRのメンバーの解放も追加されていました。

◆暫定政権成立
交渉決裂後は、冒頭でお話ししましたように、国民へのクリスマスプレゼントとしての無血クーデターが成立したわけです。もっとも、ゲイ新大統領は当初、「これはクーデターではなく、革命だ」との言葉を口にしてはいました。

RDRのワタラ氏は、12月29日に避難先のフランスから喜色満面で帰国して、手際良く「野党」RDRのメンバー複数を、大蔵大臣をはじめとする主要閣僚として配置します。

ゲイ新大統領から、政権への参加を要請された社会主義政党FPIのリーダー・バグボ(Gbagbo)氏は、 民主主義の確立のために暫定政府への協力はするけれど、閣外から見守りたいとして、閣僚を送り込むことは固辞し続けていました。これはひとつには、主要な ポストはワタラ氏率いるRDRのメンバーに占められることをはっきりと理解していたためでもあります。しかし1月10日、最終的には6閣僚を送り込むこと に同意。

◆軍事クーデターともいえない事情
RDRのリーダー・ワタラ氏は、「これは私の政府ではない」、「ゲイ大統領は、そのポストに執着しないといっている、できる限り早く大統領選挙が行われる だろう」と言明し、同時に、前政権によってこじれたIMFとの関係修復を、まず最優先の仕事にすべきである、とも発言しています。

ワタラ氏は否定しているものの、暫定政権へのみごとな参入ぶりと周辺の動きを追ってみると、ワタラ=軍、の連携プレーが透けて浮かび上がってきます。

例えば、暫定政府の大統領となったゲイ氏は、11月はパリに旅行していて、クーデターの発生する半月ほど前に帰国した後、故郷の村で「待機」の体制に入りました。これは、パリでの「打ち合わせ」があったと考えるのが自然です。

いうまでもなく、ゲイ氏、ワタラ氏は共に、独立後のボワニ大統領の時代に、参謀長、首相を務め、次の政権成 立時にはほぼ同時期に更迭された人物でもあります。また、今回、内務大臣、外務大臣のポストについた幹部軍人は、ワタラ氏が首相だった時代の護衛担当でし た。この二人がワタラ氏と同地方・同部族の出身であることも、この国では忘れてはならないキーポイントです。

◆ひとりごとですが
昨年4月にはニジェール共和国大統領の暗殺。5月には、ギニアビサウ共和国大統領の国外追放。そして12月には象牙海岸共和国で現職大統領の国外脱出。ど れもが、まったく似たような国内状況で起こったクーデターでした。さらに西アフリカには、これらに似た状況の国がまだいくつか存在していることを考え合わ せると、この2000年も目が離せない地域ではあります。

 また、今回の「象牙のクーデター」は、「IMFの実験」がみごとに功を奏したモデルケースとして、借金依存国家の政権担当者に、見たくはない悪夢を送り続けることでしょう。(『金鉱山からのたより』2000/01/11 第26号から転載)


*以上の記事は、BBC、CNN、RFI、AFP、Le Monde、Jeune Afrique、現地紙、ギニア紙、独自の材料等を参考にしています。

*コートジボワールの首都は正式にはヤムスクロ(Yamoussoukro)になるのですが、実質的な首都機能はアビジャンにあります。国の羽振りが良かった時代に、首都をヤムスクロに移転してはみたものの、今では目障りな存在になってしまいました。

*(少し)参考になる日本外務省の資料:http://www.mofa.go.jp/mofaj/world/kankei/f_cote.html


斉藤さんのメールマガジン『金鉱山からのたより』は電子メール書店の老舗「まぐまぐ」さんから届きます。
http://www.mag2.com/でマガジンID:0000005790を探して下さい。

斉藤さんへメールはafro-j@ijk.com


このアーカイブについて

このページには、2000年1月以降に書かれたブログ記事のうちギニア物語カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはギニア物語: 1999年12月です。

次のアーカイブはギニア物語: 2000年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ