仏教の最近のブログ記事

 ガンダーラ仏との出会いから約10年、1977年の3月、僕は中国大同石窟寺院(雲崗)を訪れた。当時の中国はまだ文化大革命の余韻がそこかしこに漂っていた。大同市は北京から汽車で約10時間の旅だった。ウランバートル行きの国際列車に夜乗ると、明け方に大同駅に着いた。

 ホテルで少しばかり仮眠して、郊外の大同石窟寺院を訪ねた。大きな石仏群の片隅に、京都、広隆寺の弥勒菩薩の薫りをとどめた小さな菩薩像をみつけた。アルカイック・スマイルである。その驚きややがてユーラシア大陸を鳥瞰する大きな想像力として脳裏を駆け巡った。

 大同石窟寺院が建設されたのは北魏の時代。鮮卑という遊牧民族、匈奴の流れをくんだ拓跋氏が華北に建国した国家である。シルクロードの流れをついだ仏教美術がそんな塞外民族により花開いたことに驚きがなかったわけではない。仏教はもちろん、中原でも盛んになったが、美の系統は塞外民族につがれていったと想像した。その仏教美術を継承したのが、日本人だったと直感した。

 中国の塞外民族で中原を支配した勢力もあったが、多くの時代支配、抑圧の対象だった。仏教はもともとインドの被差別民の中に広がった教えである。いつしか祈りの対象となったのが仏像である。厳しい修行の末に悟りを開くのも宗教であるが、弱きもの小さきものであっても救われることを伝えたことにより大きな広がりを得た。拓跋氏の人々が大同石窟を訪れて、どんな思いでこの小さな菩薩像に対座したことを想像してほしい。

 しばらくして、日経新聞に井上靖が僕に直観力をもたらしたその大同の小さな弥勒仏について随想を書いていた。内容は忘れたが、大作家と同じ直観力を共有していたことがすこぶる嬉しかった。

井上靖は『敦煌』や『楼蘭』などシルクロードを題材とした多くの作品を残した。日本の仏教美術に関しても珠玉の小編を書き続けた。消え行く小さきものへのこよなき慈しみが作品の底流を流れる。

 仏教の興隆の背景には強い国家の意思があるのだが、寺院を飾る一つひとつの仏像は多くの名もなき仏師が丹念に鋳造したり彫刻したものであることを忘れてはならない。
 飛鳥路は折にふれて訪ねることが多い。春はレンゲソウが咲くころのあぜ道がいいし、晩秋、甘樫丘からの眺める二上山に沈む夕日はもっといい。

 飛鳥を初めて訪ねたのは20歳のときだった。奈良大和路とかいう周遊券があって、当時の国鉄だけでなく近鉄も利用できたからありがたかった。もちろんハ イウエイバスも乗れた。奈良を訪ねるときは、宿泊費を浮かせるためなるべく夜、東京を出発して明け方に京都に到着するハイウエイバスを利用した。
 初めての飛鳥旅行には岩波新書の『奈良』を持って行った。奈良の歴史を学べるだけでなく"観光"のための地図までついていた。

 飛鳥を満喫した後、談山神社を訪ねた。桜井の駅からずっと歩いた。途中に聖林寺があって立ち寄った。十一面観音像があるとは知らなかったが、本堂わきの 特別拝観室にあった観音様のなまめかしさに驚いた。驚いたというより、なぜ昔の人たちは観音様のような仏像をつくったのか興味がわいた。

 就職後の初めての勤務地は大津だった。滋賀県の湖北で日本で最も優美な観音様と対面したのはその時だった。渡岸寺の観音様である。その時まで、聖林寺の観音様が自分にとって最も美しい仏像だったのである。(伴 武澄)
 2年前の4月17日付の韓国の中央日報日本語版に飛鳥寺に関する記事が出ていて興味深いのでコピーさせてもらう。
--------------------------------------------------
  日本で最も古い寺といわれる奈良県飛鳥寺(写真)の原型は扶余の王興寺(ワンフンサ)である可能性が高いと朝日新聞が16日、報道した。
 http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=98879&servcode=A00
新聞は「早稲田大学の大橋一章教授(仏教美術史)ら日本の研究チームが今月初め、扶余の王興寺遺跡地を調査した結果、ここで出土された瓦の文様と塔の構造などが飛鳥寺の遺物とほとんど一致する」と明らかにした。

大橋教授は「2つの寺が同じ技術者によって創建されたという点に異見がない」とし「日本に仏教を伝えた百済が仏像やお経を贈ったが、なかなか広まらないことから本格的な布教のために王興寺をモデルに飛鳥寺を創建したものだ」と述べた。

飛鳥寺は日本で唯一の1塔3金堂式だ。王興寺は塔と金堂、講堂が一直線につながった四天王寺式だと見られるが、回廊の東西にある付属の建物が後日、飛鳥寺 を作るときには金堂に変わったはずだと新聞は伝えた。一緒に研究に参加した国学院大学の鈴木靖民教授(古代史)は「飛鳥寺創建は百済王と倭王の間の活発な 交流を意味するもの」とし「歴史書に『(当時権力者だった)蘇我馬子が落成式のとき、百済の服を着て参列した』という記録もある」と説明した。

2つの寺の関連性は、韓国国立扶余文化財研究所が昨年10月、王興寺から掘り出した金銀・青銅舎利容器に刻まれた創建年度を手がかりに初めて提起された。 舍利容器には「百済王の発願で(王興寺が)577年2月に創建された」となっている。日本書紀によると同年11月、百済王が日本に寺の技術者たちを送り、 11年後の588年、当時、権力を握っていた蘇我馬子が飛鳥寺を創建した。
  1968年8月、16歳の夏休み。両親が住むパキスタンの首都イスラマバードを訪れた。インダス川が形成するパンジャブ大平原の北限である。北には世界の 嶺パミール高原がひかえるといえば大げさだが、イスラマバード周辺の山々がパミールにつながると考えれば気宇壮大になる。建国20年を迎えたアユブカーン 大統領が建設をはじめた新首都である。原野の中に白亜の政府ビルが建ち初めたばかりであたりはまだ建設の土音が響いていた。貧しさはあってもカオスをイ メージするインド的バザールはない。

 しばらくして連れて行かれたのがタキシラという古都の跡だった。仏教を国教とした遊牧国家クシャン王朝時代のシルカップ古都だったところである。衝撃を 受けたのは出土されたギリシャ彫刻そのものの仏像群だった。明らかに西洋の顔立ちで、鼻は高く堀が深い、ウエーブのかかった頭髪。多くはストゥッコという 塑像でストゥーパの周辺を飾っていた。
 広い古都の跡地に入るとどこからか案内人が現れて、チップをあげると見るべき遺跡や仏像のありかを教えてくれる。しかし歴史的価値や美術的価値を十分に分かっているかどうか。「これは本物」「これはコピーで、本物は博物館」といった説明しかできない。

 タキシラ博物館に回ると収蔵品の多さには圧倒された。2000年近く前に仏教の一大拠点だったこと
を考えれば当たり前かもしれない。「掘れば何か出てくる」という表現が決して言い過ぎでないような気がした。タキシラ博物館では展示品を一応ガラスケース に入れてはいるものの、年代別に粗雑に並べてあるだけ。なんとももったいない話である。日本だったらその一つひとつが国宝なり重要文化財なりに指定され、 展示会ではビロードの敷物の上に飾られライトアップされるような逸品ぞろいだった。

 仏教を東洋的なものと考えていたものにとってギリシャ風仏像が存在することは予想外のことだった。仏像そのものがこのタキシラで生まれ、その後、シルクロードを経て中国に渡り日本にやってきてようやくわれわれが仏像と認める形相となったことも新鮮な驚きだった。

 そもそも仏陀は偶像崇拝を禁じたから、初期の仏教は仏陀の骨を詰めた仏舎利や仏陀の足跡の仏足跡を崇拝の対象にしていた。日本や中国に残る「塔」は仏舎 利を埋めたストゥーパが卒塔婆となり、なまったものである。塔の五重や三重の建物の部分はもともとの基壇が発達したもので本当のストゥーパは屋根の上の部 分に残るのだそうだ。

 僕の仏像を訪ねる遍歴が始まった瞬間だった。
 
 タキシラやペシャワールを中心とした地方はインドという概念に含まれていたかどうか分からない。ガンダーラという呼び名でも呼ばれていた。当時、ガン ダーラには京都大学の水野清博士が率いる調査隊が山深くパキスタンからアフガニスタンを踏査していた。水野博士は戦後の大谷光瑞といってもいい存在だっ た。仏教伝来の道を東北インドに求めていた。著書の「文明の十字路」というタイトルは実にいい響きを持っていた。(伴 武澄)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち仏教カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは世界です。

次のカテゴリは企業経営です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

仏教: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

ウェブページ