菜種油を絞らんかね

user-pic
0
20160519.jpgこの黒いつぶつぶは何でしょう。
ゴマではありません。
菜種の種です。

約30キロあります。というよりか30キロ収穫しました。

これからこの菜種から油を絞ろうという計画です。
鏡村の仙人が突然、「菜種油を絞らんかね」と言い出した。

「それはおもしろい」と答えたのが七厘社の仲間だ。

現在、われわれが調理に使っているサラダオイルの多くは菜種から取られているから、何の変哲もない行為なのだが、今の日本でこんな馬鹿な労力をかける価値はない。サラダオイルが欲しければスーパーに行けば安くで手に入れることができる。

それなのにその馬鹿な労力をかけようとするのはなぜか。

それは単なる探究心でしかない。

二宮尊徳が青年時代、居候をしていた家で主人から油がもったいないから夜に本を読むなといわれ、荒れ地に菜種を植えて読書の灯火にしたという故事がある。 電気がない時代、菜種は貴重な油源だったことを思い起こし、さて30キロの菜種からどれだけのサラダオイルが取れるだろうか。興味津々である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2264

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2016年5月19日 17:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「よそ者、若者、馬鹿者」 - 第50回はりまや橋夜学会」です。

次のブログ記事は「台湾に津軽リンゴ100億円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ