デンマークに学ぶ

user-pic
0
http://diamond.jp/articles/-/37602
僕は高知での夜学会でしきりにデンマークの話をしている。面積は九州ほど、人口は500万人で北海道程度。小さいけど自力更生の力量を発揮している。なんでも「No1」になりたがる日本と違って、「違うこと」を誇りにする。150年前に、プロシアに酪農地帯のホルスタイン地方を奪われたとき、デンマーク人は今のユトランドを一から開拓した。ほとんど不毛の地に植林を始め、50年後には気候まで変わってしまい、酪農王国を復活させた。いまでも製造業はほとんどない。チーズだとかバターを輸出して世界有数の豊かな国となっている。北海道が本気でやれば、もっともっと豊かになれるはずだ。

1980年代初頭、すでにエネルギーの自給を始めた。風力発電である。20年で電力の半分を風力で賄えるようになった。1986年、原油価格が急落した時、下がった分を税金で徴収して自然エネルギーへの投資に充てた。結果として、風力発電機のメーカーも大きくなり、輸出されるようにもなった。

日本人はもっとデンマークに学ぶべきだと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2268

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2016年3月22日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「春の光を浴びたクレソン畑」です。

次のブログ記事は「「台湾視察旅行報告」 - 第47回はりまや橋夜学会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ