土民国の理念について考える - 第36回はりまや橋夜学会

user-pic
0

12月25日(金)のテーマは「土民国の理念について考える」です。
時間は午後7-8時。
場所ははりまや橋商店街。

第36回夜学会は今年の最後を飾る勉強会。これまでの一方的な講義ではなく、みんなで考える夜学にしたいと思います。土佐人民共和国は仮想の国家ですが、 おおくの人が住みたい、暮らしたい国家観が不可欠だと考えます。土佐が輝き、日本からみて羨ましいほどの存在感を示したのは明治初期の自由民権運動の時代 だったことは確かでしょう。アメリカ独立やフランス革命が掲げた自由と平等という概念はその後の世界政治に大きな影響を与えました。土民国が輝くにはそう した人類普遍の理念が不可欠です。はりまや橋からそんな議論を起こしたいと考えます。ぜひ、有意義な時間を共有したいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2227

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年12月16日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「移民と国家の理念 - 第35回はりまや橋夜学会」です。

次のブログ記事は「刃物で土佐から欧州に切り込む穂岐山刃物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ