グローバリズムとな何か - 第34回はりまや橋夜学会

user-pic
0

12月11日(金)のテーマは「グローバリズムとな何か」です。
時間は午後7-8時。
場所ははりまや橋商店街。
その後、忘年会を「公文屋」で開きます。

1996年、『日本がアジアで敗れる日』を文藝春秋社から上梓したとき、グローバリズムという言葉を見出しに使った。そして資本、英語、税制、M&Aを キーワードにした。さらに、「国境なき人材交流」と「世界標準への跳躍」という章も設けて21世紀への世界経済の見通しも書いたつもりだった。

欠けていたものがあった。「戦争」という概念だった。ブッシュの「フセイン征伐」以降、地域紛争が宗教対立と激化し、憎しみの連鎖を生み出した。このことについては大いに反省している。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2222

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年12月 9日 10:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「木炭と水引のお正月飾り」です。

次のブログ記事は「キクイモをおでんに入れたら美味い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ