伊勢神宮と物見遊山 - 第33回はりまや橋夜学会

user-pic
0

12月4日(金)のテーマは「伊勢神宮と物見遊山」です。
時間は午後7-8時。
場所ははりまや橋商店街。

伊勢の地にアマテラスが祀られたのは、西暦600年代末期の天武天皇の時代とされる。皇室以外の参拝は禁止されていたが、江戸時代になり、庶民から「お伊勢さん」と親しまれ、「一生に一度は伊勢参り」といって人々が伊勢の地を目指し た。年間30万人がやってきた。自動車も汽車もない時代のことで、日本の人口も現在の3分の1の3000万人ぐらいだったころであるから、大変な数字であ る。しかも、何回か「お陰まいり」と称して数百万人が押し寄せるブームもあった。日本人の伊勢神宮への思い入れは大変なものだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2221

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年12月 3日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「年金支給75歳なら、年金制度はいらない!」です。

次のブログ記事は「木炭と水引のお正月飾り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ