自家用車タクシー解禁な特区のみでいいか

user-pic
0
20151020.jpg少し前、高知県で自家用車タクシーを"経営"していた人が警察に逮捕される事件があった。特区で「解禁」は朗報ではあるが、いまごろ遅いという感じがする。75歳になると自動車免許の更新が厳しくなるが、中山間地で、クルマは必須。

僕が提案したいのは、中山間地での原付免許で乗れる超軽自動車の普及である。基本的に市街地での走行は無理だが、時速30キロ程度の車両なら事故になっても軽微ですみそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2199

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年10月27日 15:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TPPというトロイの木馬 - 第29回はりまや橋夜学会」です。

次のブログ記事は「 『植物は、人間の足音を聞いて育つ』門田章広さん オーベルジュ土佐山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ