直流と交流 - 第23回はりまや橋夜学会

user-pic
0
yagakkai150904.jpg9月4日(金)午後7-8時
はりまや橋商店街イベント広場
「テーマ」直流と交流
講師:伴 武澄

日々、当たり前のように使っている電気。百数十年前にエジソンがニューヨークで電球をともしたところから始まる。電気があることはすでに知られて、日本でも平賀源内がエレキテルの実験をしたことは日本人なら誰でも知っている。電気に+と−があることもみんな知っている。自然界の雷もまた電気であり、+と−がある。そう電気は本質的に直流なのだ。エジソンも直流で電気を起こし、日本初の電気も直流だった。そこへ天才テスラが現れる。東欧からフランスを経由してエジソンのゼネラル・エレクトリック社に入って、交流なるものを発明する。電気を長距離輸送するには直流ではエネルギーが減衰するため、交流の導入を提起する。そして起ったことは・・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2177

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年9月 4日 17:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ホンモノの夜学会」です。

次のブログ記事は「北畠家の金の日の丸」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ