家宝のガンダーラ仏

user-pic
0
IMGP9273.JPGうちには家宝がある。ガンダーラ仏である。

50年前、父親がイスラマバードに赴任していた時、贈られたものである。大きさは15センチほどのものだが、ギ リシャ風のストッコで、たぶんタキシラ地方でたくさんつくられた塑像の一つだろうと思っている。東京・上野の博物館にも似た塑像があるが、我が家の家宝は いつも気高く我々を見守ってくれている。

三男のお嫁さんはたまたま父親が高知県の出身で、何かご縁があったのだと思っているが、彼女はパキスタンのウルドウ語を学び、近くラホールに留学するのだ。そのお嫁さんが過日、挨拶に来て、うちの家宝を見せてあげた。

縁というものは不思議なものである。同じ高知県にゆかりあっただけでなく、祖父が勤務したことのあるパキスタンに赴くことになるのだから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2168

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年7月15日 22:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「臨時暫定特定国家-第19回はりまや橋夜学会」です。

次のブログ記事は「安倍安保法制を嗤う-第20回はりまや橋夜学会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ