アイ・アム・ノット・チャイニーズ-第18回はりまや橋夜学会

user-pic
0
20150703yagakai.jpg

7月3日(金)の夜学会のテーマは「アイ・アム・ノット・チャイニーズ」です。午後7時からです。ふるってご参加下さい。

明日のテーマは、先日、ウィンブルドンのテニス大会の中継を見ていて閃いたものです。錦織圭の試合で日の丸を振っていた日本の婦人がテレビに何度も映って いました。すごくいやな気分にさせられました。ウィンブルドン化という言葉があります。主催国のイギリス選手は全然勝てなくなっても、ウィンブルドンはテ ニスの権威です。もはやウィンブルドンは国威をかざして戦う場ではなく、世界の個人プレーヤーの優劣を競う場となっているのです。そこに日の丸を振る心境 が分らないのです。その日本婦人以外に国旗を振るような観客は見られなかっただけに大きな失望を抱きました。そんなわけで、50年前の南アフリカでの体験 談を話したいと思います。

アイ・アム・ノット・チャイニーズ
http://www.yorozubp.com/2011/2005/08/post-513.html
醜い南アの日本人社会
http://www.yorozubp.com/2011/2005/08/post-512.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2164

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年7月 2日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大義がない安倍首相の安保法制」です。

次のブログ記事は「タイ近代化の基礎をつくったモンクット国王」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ