高知と国憲-第2回はりまや橋夜学会

user-pic
0
2月6火(金)午後7時から
講師:伴 武澄
テーマ:高知と国憲

●憲法とは何か=統治者に対する足かせ
日本国憲法第99条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

●聖徳太子の17条憲法=民の心得?
一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に順(したが わ)ず、乍(また)隣里(りんり)に違う。然れども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、す なわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。
二に曰く、篤く三宝を敬へ。三宝とは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。則ち四生の終帰、万国の禁宗なり。はなはだ悪しきもの少なし。よく教えうるをもって従う。それ三宝に帰りまつらずば、何をもってか柱かる直さん。
三に曰く、詔を承りては必ず謹(つつし)め、君をば天(あめ)とす、臣をば地(つち)とす。天覆い、地載せて、四の時順り行き、万気通ずるを得るなり。地天を覆わんと欲せば、則ち壊るることを致さんのみ。こころもって君言えば臣承(うけたま)わり、上行けば下...(略)
●アメリカ合衆国憲法=連合規約
独立戦争=国家分離

●日本国憲法の矛盾点
①    明治憲法改正憲法
明治憲法第73条
1.    将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
2.    此ノ場合ニ於テ両議院ハ各々其ノ総員三分ノ二以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス出席議員三分ノ二以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス
②    欽定憲法=国民の意思(国民投票)はない。
日本国憲法上諭「朕は、日本國民の總意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび、樞密顧問の諮詢及び帝國憲法第七十三條による帝國議會の議決を 經た帝國憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。」
日本国憲法前文「日本國民は、...ここに主權が國民に存するこ とを宣言し、この憲法を確定する。」

●植木枝盛の国憲案
天皇を皇帝と呼ぶ
連邦制、道府県を廃止し旧国を邦とした
アメリカ合衆国に近い国憲

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2120

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2015年2月 6日 01:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他国を譏らない愛国でありたい」です。

次のブログ記事は「高知と国憲- 第2回はりまや橋夜学会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ