捨てたものではない土佐の刃物技術

user-pic
0
 2年前に四国の中小企業を取材したことがある。四国経産局の依頼だったのだが、いやはや発想力の面白い企業が多いのに驚いた。長年経済記者をしていたつも りだったが、記者クラブにふんぞり返り、大企業を取材するのが当たり前だったことにいたく反省させられた。高知県・土佐山田の穂岐山刃物を取材した。かつ て世界をうならせた京セラのセラミクス刃物は京セラが焼いたセラミクス素材をこの企業が刃物に仕上げていたことを知らされた。高知の技術は捨てたものでは ないのだ。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2087

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2014年9月24日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本との連携を目指し暗殺された金玉均」です。

次のブログ記事は「愛国心では足りない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ