広島市の土砂災害は人災

user-pic
0
近所の親しくしているたばこ屋さんのおばさんが昨日言っていた。
「広島市の土砂災害って、あんなところに建築を許可した市役所が悪いよね」
実は僕もそう思っていた。
親戚の大工の林さんにも聞いてみた。
「十数年前に同じような災害があったのに。流された多くの家はどう見てもその後に建てられているようだ」
僕は80年代末に川崎市に購入した崖地のマンションを思い出していた。
裏山は水が出たらどうみても無事ではいられそうになかった。
購入前に調べたら、○○危険地域に指定されていた。
行政は平気で危険地域に建築許可を出すのだ。
それでも購入してしまった僕が悪いのだが、2年後にそのマンションは売却した。
買ってくれた人には申し訳ないと思っているが、幸いにまだ災害に遭ったとは聞いていない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2085

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2014年8月24日 09:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自然の猛威に勝てない」です。

次のブログ記事は「ただの仏教者でない森本東大寺長老」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ