安倍首相の手前勝手な集団安保

user-pic
0
01420014.jpg安倍晋三首相の提唱する集団安全保障の考えには根本的なおかしさがある。同盟関係にある片方の国家が戦争状態に入った時に加勢するのが、集団安保だと考えるのが普通であるはずなのに、安倍首相は「自国の国民が危険にさらされたときに限定する」のだとのたまう。

これではあまりに手前勝手すぎる。

国民に反対されるのを恐れて「限定的」を言い過ぎると逆に同盟国から不信感を買う恐れがある。僕がアメリカ合衆国大統領だったら、「そんな限定的な集団安保の考えなどはアメリカにとって不必要だ」と考えるだろう。

堂々と「アメリカが攻撃にさらされた場合、同盟国の日本としては真っ先に加勢する」といえばいいのだ。

そもそも戦後の国際社会でアメリカが他国から先制攻撃を受けたことは一度もない。すべての戦争は自由主義陣営を守ることを理由にアメリカが仕掛けたもの、あるいは途中から参戦したものばかりだったことを思い出す必要もあろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/2074

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2014年7月14日 22:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「GSユアサデトロイト号が考えさせてくれるもの」です。

次のブログ記事は「自然の猛威に勝てない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ