2013 賀正

user-pic
0
gasho.JPG昨年夏は三カ月、土佐山に暮らし、
生きることの何たるかを少々学びました。
土づくりから、炭焼き、畑仕事、簡単な木工。
山の暮らしはあるものを工夫して使い、
何でも自分でやることです。
日々自然と向き合うことは簡単ではなく、
危険と隣り合わせでもあります。
そんな関わりを今年も続けたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1946

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2013年1月 1日 23:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「厳しく品のよい興福寺の仏頭」です。

次のブログ記事は「「日本がEU加盟を申請したら!」という初夢」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ