土佐山日記18 ほとばしる

user-pic
0
DSC_0261500.jpg 土佐山に来るまで水がこんなに美しいものだと思わなかった。金曜日、炭焼きの火入れの前に炭小屋の近くを散策した、段々畑の真ん中に巨石があって、そばを何の変哲もない渓流が流れていた。

 何度かシャッターを押している間に、高速シャッターで流れを撮ってみたらどうだろうと考えた。カメラのモードを自動からシャッター速度優先に変更して、どんどんスピードを上げていった。2000分の1が限界だった。

 この1枚倍はシャッター速度を2000分撮った一コマだ。夏のほとばしる水の涼しさがよく表現されたと思っている。

 これまでは川の水の流れを重視して、なるべく遅いシャッタースピードで撮影してきた。流れ全体を撮るには確かにいいのだが、涼しさが感じられない。

 土佐山では山や森はもちろん、草花、昆虫、雲、空、雨・・・何でも被写体となる。残念なことにその名前が分からない。分かり出したらたぶん、山の生活の楽しみは何十倍にもなるのではないかと思う。

 この晩はイノシシ小屋でバーベキューをしてもらい、星空を仰いだのだが、北斗七星以外に星座の名前が分からない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1908

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2012年8月26日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「土佐山日記17 山の殺生」です。

次のブログ記事は「日中対立の中での『海嘯生死情』の出版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ