高知市長選で岡崎誠也氏が当確 投票率たった28%

user-pic
0
 高知市長選で岡崎誠也氏の当選が確実になった。NHKが11月27日午後8時7分に報じた。共同通信は47NEWSを通して午後8時25分に報じている。

 理解できないのは午後9時45分現在、高知新聞も高知放送も県内の主要メディアはネットでこれまで一切、選挙結果について報道していないということである。

 もっと重要なことは、投票率が午後7時現在で2割台だったということである。たぶん最終の投票率は3割を切ることになるだろう。3割以下の投票率で「当選」という選挙ははたして民主主義的といえるのだどうか。明治期の自由民権運動の発祥の地の高知県の県都でこんなふがいない選挙が行われたことに恥じるしかない。

 (追加)投票率は28・05%(前回40・55%)だった。首長選挙ではたぶん史上最低に類する投票率だったはずだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1672

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2011年11月27日 21:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「内田樹『日本辺境論』を読んで」です。

次のブログ記事は「しらけた高知の首長選挙」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ