2009年12月アーカイブ

 賀川豊彦が、生涯の活動の原点とした神戸のスラムに身を投じたのは、1909年12月、21歳の時です。ちょうど100年の月日が過ぎました。

 1919年に出版した『涙の二等分』という詩集があります。賀川はスラムに入って間もなく、「もらい子殺し」という「商売」があることを知り、なにより 悲みました。「もらい子殺し」とは貧困などの理由で育てられなくなった子どもを5円、10円でもらってきて飢え死にさせる商売です。

 ある時、賀川は警察署で貰い子殺し容疑で検挙された産婆が連れていた乳飲み子をもらってきて育てようとします。この子が手に小さな石を握っていたことか ら「おいし」と名付けました。しかし、おいしは、まもなく賀川の腕の中で死んでしまいます。その悲しみを詩にしたのが「涙の二等分」です。

  あ?おいしが唖になった
  泣かなくなった
  眼があかぬ死んだのじゃ
  おい、おい、未だ死ぬのは早いぜ
  南京虫が──脛噛んだ──あ痒い!

 当時のスラムは想像を絶する世界た。住民は肉体労働者が中心で、乞食、博徒や売春婦も少なくありませんでした。悪臭ただよう生活空間は犯罪の巣窟であ り、伝染病が蔓延していました。子どもたちはいつも空腹にさいなまれ、教育が与えられなかっただけではありません。年ごろになると男子は丁稚に出され、女 の子は身売りの対象となりました。

 「貧しい人たちと共に生きる」と話したり書いたりすることは簡単ですが、賀川はアメリカ留学を挟んで約15年間も神戸のスラムに住み貧しい人々を支えつ づけたのです。そのマザー・テレサのような生きざまは、それだけでもノーベル平和賞の価値があったはず。YMCA生みの親の一人であるアメリカのジョン・ モットは賀川を評して、「今最もキリストに近い人物」と呼んだのも不思議なことではありませんでした。

 ■友愛の協同組合経済

 貧しい人々への共感と慈愛に満ちた賀川がスポットライトを浴びるようになったのは、1920年以降のことです。自伝小説『死線を越えて』が爆発的に売 れ、三菱・川崎造船の争議で時の人となりました。息つく間もなく大阪と神戸に計三つの購買組合(生協)を立ち上げ、農民組合を設立します。関東大震災が起 きると活動の拠点を東京・本所に移し、多くのボランティアを組織して被災者救済に乗り出したのでした。いわゆるセツルメントです。

 協同組合は、イギリスのロッチデール生協とドイツのライファイゼン信用組合を二大潮流とします。賀川は生協と信用組合とを組み合わせただけでなく、生産 から販売、そして幼児教育から医療、保険といった、人々が生活に必要な事業を網羅して、協同組合で経営しようと考え、それを実践しようとしました。

 その集大成が『ブラザーフッド・エコノミクス(友愛の経済学)』(ハーパー社)という本。1936年にアメリカ、ニューヨークのロチェスター大学で行っ た講演が出版されたもので、またたく間に17カ国語に翻訳され、25カ国で出版されました。日本でも忘れ去られている賀川の「経済理論」が欧米でもてはや されたというから驚きです。

 1929年の世界大恐慌によって資本主義は信頼を失い、社会主義が台頭します。賀川は資本主義を「搾取的」と批判する一方で、社会主義の暴力に反対しました。そして、第三の道として提示したのが、キリスト教愛に基づく友愛の協同組合経済だったのです。

 愛のない経済こそが、貧困と紛争をもたらし、究極的に戦争に至るというのが賀川の信念でした。『ブラザーフッド・エコノミクス』は、経済理論であると同 時に平和論でもありました。国境をなくして世界連邦をつくるという賀川の構想はEU(欧州連合)の基礎を形づくったともいわれています。

 鳩山由紀夫政権は友愛外交を標榜していますが、EUの父といわれるクーデンホーフ・カレルギー伯の「汎欧州論」と賀川の『ブラザーフッド・エコノミク ス』はヨーロッパでは統合のバックボーンとなっています。そう考えると、東アジアが共同体をめざすときに、かならずや賀川の考えに光が当てられるはずで す。

 ■医療や共済から農業、工業まで

 賀川が関係した事業で忘れてはならないのは幼児教育など社会福祉事業です。東京の雲柱社、神戸のイエス団は合わせて100カ所の事業所をかかえ、 2000人が働いています。その後発展したものには「コープこうべ」「大学生協」のほかに「全国生協連合会」「労働金庫」「全労災」などがあり、幅広い分 野にまたがっています。

 そのほかにも、いくつかユニークな事業を紹介します。

 まずは、東京医療利用組合(現中野総合病院)の先駆的役割です。きっかけは農村の貧しさである。健康保険のない時代、医療費が高かっただけでなく、農村 部にはそもそも病院が少なかったのです。事態を打破するため、産業組合(JAの前身)に病院を経営させようとしました。最初から農村部で運動したのでは影 響力が小さいと考え、あえて東京で組合病院設立を申請します。予想通り、医師会の猛反発があり、政界を挙げての反対運動となりました。

 賀川は新渡戸稲造など良識派を先頭に立てて設立運動を展開し、1年以上かかって認可を取り付けます。反対運動が盛り上がったおかげで運動は列島全体に広 がり、産業組合による病院設立がそれこそ燎原の火のごとく広がったのでした。現在、100カ所ほどあるJA厚生連傘下の多くの病院はそうした経緯で誕生し たのです。世界では、協同組合が病院まで経営するケースは例をみないといいます。

 賀川はまた、貧しい人たちのためにこそ、生命保険が必要だと考えました。協同組合による保険業の経営を考えましたが、保険業法の壁は厚く、果たせません でした。その代わりに戦争中に、産業組合による既存の保険会社の買収に成功しました。現在の共栄火災海上保険です。戦後になってようやく協同組合による経 営が認められ、現在のJA共済が誕生しました。全国組織として全国共済農業協同組合連合会(全共連)となったのは一九五一年のことです。賀川は共済の生み の親でもあるのです。

 中ノ郷質庫信用組合は、関東大震災後のセツルメント運動の中から生まれました。人々の生活が疲弊する中、質屋が暴利を貪るようになっていました。滝野川 で質屋を経営していた奥堂定蔵が義憤を感じ、賀川に訴えたことが創設のきっかけです。現在も19支店をかかえ、信用組合としては有数の規模を誇っていま す。東京の下町で担保主義をとらない経営は定評があります。

 このほかに、時計などを製造するリズム時計工業株式会社。源流は賀川豊彦が戦後、埼玉県桜井村(当時)に創業した農村時計製作所だったというとだれもが 驚きます。賀川は農民運動の一環として「立体農業」を主張しました。簡単に言えば、米麦穀物ばかりに頼るのではなく、シイタケやクリ、クルミを植え、ヤギ やヒツジを飼って乳を搾って自給すれば飢えずにすむ。加えて現金収入を得るために農村に工場が必要だと考えていました。小説『幻の兵車』(1934年、改 造社)の中にもそのことが書かれています。

 農村に工業をという長年の夢が戦後1946年に実現します。旧陸軍の工場跡地に時計工場と時計技術講習所を設立。全国農業会が資本金350万円の8割を 出資しました。結果的に4年半で経営は行き詰まり経営破たんしますが、農村時計のブランド名「リズム」を社名として、シチズンの出資を得て復活しました。

 ■ノーベル文学賞候補にも

 作家としても才能を発揮した賀川。小説『乳と密の流るゝ郷』は福島県の貧しい農村を題材に主人公の田中東介が協同組合と立体農業を学びながら成長して、 村の復興を果たす物語です。月刊誌『家の光』で一九三四年から連載されましたが、連載中に雑誌の販売部数がほぼ倍増するほどの人気でした。一九五四年から 三年連続してノーベル平和賞候補となったことは知られていましたが、このほど四七、四八年の二回、当時としては日本人で初めてノーベル文学賞の候補者で あったことも報道されています。

 毒舌のジャーナリストとして知られた大宅壮一が賀川の死後に書いた有名な文章があります。明治維新以降、日本人に最も大きな影響を与えたベストスリーと して賀川の名を挙げ、こう述べています。「西郷隆盛、伊藤博文、原敬、乃木希典、夏目漱石、西田幾多郎、湯川秀樹などと云う名前を思いつくままにあげて見 ても、この人達の仕事の範囲はそう広くない。「宗教の面はいうまでもなく、現在文化のあらゆる分野に、その影響力が及んでいる。大衆の生活に即した新しい 政治運動、社会運動、組合運動、農民運動、協同組合運動など、およそ運動と名のつくものの大部分は、賀川豊彦に源を発していると云っても、決して云いすぎ ではない」。

 時代は移り変わっても、社会が抱える矛盾や問題が年々大きくなっていることは、当時も今も似た状況だといえます。賀川の行動と志に、私たちが学ぶことはけっして少なくはありません。(伴 武澄)

 3年後、三宅は目のない子どもに会いに千葉県まで出かける。授かった子どもを15歳まで面倒をみるのがパルモア病院の一貫した方針なのだ。

 積もる話の後、にこにこ笑っていた三宅が母親に向かってゆっくり話だした。思いがけない厳しい言葉だった。

 「ヘレン・ケラーは 三重苦でした。目も耳も口もだめでした。あの子は目だけが不自由です。もっと触覚と聴覚を生かさないといけない。転んでも泣いても歩かせるのです。テーブ ルや壁を手で触って一人で歩かせ、一人でトイレに行き、顔を洗わすことです。手助けをしてはいけません。しっかりやらすのです」

 それから塙保己一の話もした。5歳で失明した彼は、13歳で江戸に出て学び、異常な記憶力で和漢の学に通暁、総検校となって多くの書を出し、碩学の門下を多数育てた話である。三宅は付け加えた。

 「塙保己一は掌に字を書いて覚えた。巻一君にもそれをやってほしい。目の不自由な分、触覚は鋭い。やればどんどん賢くなる」

 まるで父親のような厳しさだった。しかしこの父母には慰めは不要であり、必要なのは成長させる手立てと工夫への助言だった。

 母親は言った。

 「私たちは今まで傲慢だったと思います。街を歩いて障害児を見ても、ああ、かわいそうに--というぐらいで、それ以上何も感じませんでし た。それが今、障害児を見ると、親の痛み、子の苦しみがまるで自分のことのように伝わってきます。頑張って、と声をかけてあげたい、何か手助けをしてあげ たい。そして、世の中には健康な人ばかりじゃないという当たり前の事実を初めて知った思いがします。目が開かれたような気がします」

 「目が開いたのです。神がこの子をあなた方に運んできてくださった」。三宅はそう言いながら深くうなずいた。

 『パルモア病院日記』は昭和59年1月21日に始まる。書き出しで大いに納得する部分があった。目のない巻一君をとりあげた李医師は韓国人だった。

 「産科医、李芸求(イ・ウンクウ)はこの日、2度目の出勤をした。午前2時に緊急呼び出しを受け、タクシーで駆けつけ出産をすませた。そして家へ帰って仮眠してから午前9時に出勤したのだった。こういうことが珍しくなかった。先週も1日おきに緊急呼び出しを受けていた」

 「李は韓国ソウル高麗医科大出身の産科医で、銀行支店長の夫の日本勤務で昭和45年に来日。日本の国家試験を受けたあと、淀川キリスト教病院で1年間勤務し、昭和48年、パルモア病院へ来た。熱心なクリスチャンで、教会の牧師を通じて三宅を知った。大学生の息子ら3人の子供を持ちながら、産科医の激務を11年間も続けている」

 「それは、三宅の理想に触れ、心酔したからだった。韓国は国民の4分の1がクリスチャンの国だが、李の目から見ても、三宅のような医者は類がなかった。生まれてくる子のいのちに対する真摯な心と、そのためにすぐ実行に移す行動力、そして長いフォローアップ。--こんな人がいたのだ」

 そして最後に次の一節がある。

 「パルモア病院の産科医は今4人。李は韓国出身だが、李文遠、黄田秀穂は台湾出身。日本人は太田昭斌1人だった。まったく国際的で、学閥国籍を問わずに仕事で選ぶ三宅たしい方針だ」

 うーん、なんという経営だ。(完=伴 武澄)

 10/15夕方、同志社大学で、「大学生協賀川豊彦」の講演会がありました。筆者が講演に招かれました。「くらしと協同の研究所 事務局日記」のブログに紹介してくれています。ありがたいことです。(伴武澄)

http://blog.livedoor.jp/kki/

大学生協賀川豊彦講演会は、同志社理事長による、「祈祷」から始まりました。びっくり!

同志社・賀川講演会(原誠氏)原誠氏(同志社大学神学部)が、「神と社会をつなぐ-賀川豊彦の活動の歴史的意義」をテーマに、キリスト教の関係から、また、同志社大学との関わりについて語られました。

「世界キリスト教人名事典」なるものを作るならば、日本人では間違いなくダントツ1位に、世界中から賀川が推薦されるでしょう、とのことです。「神と人と社会をつなぐ」こと、まさに福音主義信仰を具体的に展開したと。

同志社・賀川講演会(伴氏)伴武澄氏(共同通信社)は、「甦る友愛の平和理念賀川豊彦献身100年」をテーマに、語られました。

賀川は「本業は牧師で、職業は著述業」で、海外では、大変有名なのに日本ではほとんど知られていないのは、「日本の座標軸を突き抜けたため」と表現されており、その世界をまたにかけた活動は驚くばかりです。

「意外かもしれませんが、賀川の生涯の課題は経済でした。経済は人と人の交感現象と考え、貧困も戦争も経済のあり方から生まれるのだと考えた」(レジュメ)ともおっしゃいました。

鳩山氏がいう「友愛」も、元を辿れば、賀川の海外での講演に行き着くようです。

伴武澄氏は、国際平和協会会長でもあります。親が外交官のだったので「南アフリカ」で幼少期を過ごすという、1951年生まれの世代としては、特殊な環境で育ったことで、人種差別を身をもって体験し、平和の大切さを実感され、賀川を語る口調にも鋭さがありました。

来週もしくは再来週の火曜日、18時から30分間、「FM79.7 京都三条ラジオカフェ」で、伴武澄氏が賀川豊彦について話されるそうです。ぜひ、聞いてみてください。

講演会の最後に、賀川豊彦の「声」を聴きました! 同志社大学での講義の様子ですが、録音状態が良くないのか、声が割れて、内容はよく聴きとれませんでした。でも、この地での講演だと思うと、なんだか少し身近に感じました。(N)

 AMAZONで『パルモア病院日記』を購入した。絶版だったので古本市場で探したら、たったの「1円」だった。読み終えて5000円でも読みたい本だと思う。手放した人は主人公の三宅廉先生の理解が足りなかったはずだ。人にも勧めたいと思っている。

 そんな気持ちでいたところ、神戸新聞の河尻記者が小生を訪ねてきた。パルモア病院の話をしたら、「献身100年でパルモア病院にももっと働き掛けたらよかったのに」と感想を漏らした。地元の人であればあるほど、パルモア病院の献身的な医療活動を知っているのだと感じた。

 賀川豊彦の肝いりで開校した神戸保育専門学校の昭和59年の卒業式の後の茶話会での一幕を紹介したい。

 三宅は顔見知りの教師らと旧交をあたためていたが、不機嫌だった。なぜなら、その日の新聞に、徳島医学部体外受精卵を患者に無断で実験用に使ったという記事が掲載されていたからだった。三宅には、日本の医療が本当に人のために進もうとしているのではなく、医学のためにしか進められていないという危惧があった。

 「日本の医学はメディカル・エレクトロニクスが出現してから、それに占領されてしまった。ハイ・テクノロジーがすなわち医学だということになった」と言ったのは、親友の日野原重明だった。

 その日野原のカナダの友人が日本に来て「日本の医学のサイエンスとは、サイエンスではなくテクノロジーだ」と言った。臓器をモノとして扱うテクノロジストの仕事しかやっていないと。

 これは病院に入院した患者の誰もが感じる深い疑念ではないか。外来に行くと長時間並び、員数の一人として山ほどの薬を渡されて帰る。入院したら、検査、検査の連続で、検査の疲労で本物の病人になってしまう。その間に診てもらうのは研修医であり、採血にくる看護婦だ。 その検査期間がやっと終わると、次に担当医がくるが、彼は検査の数字を眺めて結論を出すでkだ。患者の痛み、不安、悩み、個人差を見るのではなく、数字の 解読者でしかない。患者は、医師という「人間」に出会えない。そして重病の場合、もう二度と病院から出られず、裏門から霊柩車で送り出される。恐らく日本中ののほとんどの人がこれを体験し、潜在的な不満を抱いている。(続く)

 きのうに続いて『賀川豊彦から見た現代』の中から医師の三宅廉さんの「いと小さき者と賀川豊彦」を読みたい。三宅さんもまた賀川のコーワーカーの一人である。

 賀川の書いた『涙の二等分』という詩集については多く書かれているが、賀川の幼児教育についてはこれまであまり言及されていないと思う。東京社会福祉法人学校法人雲柱社、神戸の同イエス団はそれぞれ賀川の活動の中心となっていた組織である。いまは保育園や幼稚園、老人施設、障害者施設を数多く経営していて、施設数はそれぞれ100カ所前後、職員も1000人内外抱える。たぶん日本一保育園・幼稚園団体だと思っている。賀川の本当の思いが継承されているはずの団体である。コープこうべは知られているが、幼児教育はやはり地味な世界なのだろうか。

 賀川豊彦献身100年記念事業オフィシャルページでこのところ更新が続いている「お宝シリーズ」では武内祐一氏のアルバムでは子供たちの写真があふれている。

 http://www.kagawa100.com/otakara/

 厚労省では保育園といわず、保育所と呼んでいる。賀川はあえて保育園と呼んだ。保育園の命名者ではないかともいわれている。そもそも100年前にに賀川が新川のスラムに住み込んだ100年前に保育園などはなかった。

 三宅さんは「賀川が幼児教育に力を入れたのは、悪い環境で赤ちゃんを育てることがいかに難しいことを体験したから」という。「それはそうでしょう。これはもう難事業です。空気が悪いし、光線がはいらない。そしてまた、お父さんが酒は呑む、煙草は吸う、飲んだくれるでしょう、そして子供は蹴られたり、叩かれたり、こういうところでは幼児教育はできないと考えたわけです」。

 賀川が保育園を多くつくった理由をこう述べているのだ。保育園は子供たちだけのためでもなかった。働くお母さんたちが安心して子供たちを預ける施設も必要だったのである。

 三宅さんは『涙の二等分』の中に書かれている貰い子殺しについても多くを語っている。生まれたばかりの子供たちが多く死んでいるだけでない。日本では婦人科で中絶手術がなんとも気軽に行われていることに頭を悩ます。「マザー・テレサは日本は世界で一番心に冷たい国だといったのです」と話す。

 産婦人科小児科が別々にあるから子供たちの問題が解決されないのだと考えて、両方の面倒をみるパルモア病院を神戸に開設する。世界にもあまり例のない経営だ。昭和26年だから賀川はまだ生きていた時代である。そして昭和45年には同じく神戸保育専門学校を設立された時、三宅さんは学校で幼児教育の心理学の講義を受け持つことになる。賀川がいたらどれだけ喜んだかわからないとこの専門学校の開設を評価している。

 三宅さんは賀川の幼児教育について「まず自然を教えること。自然に触れること」と話している。自然という聖書を感覚によって教えるのだ。つぎは「ままごと」だったそうだ。「自然にあるものを料理して食べて、みんな喜んで食べるようなことを悟らせるにはままごとがいい」。最後に「祈ること」だった。特に母の祈りが子供に通じるのだという。ちなみに賀川の毎日の家庭礼拝の祈りは「困っている人のために」と「世界の平和のために」だっとそうだ。

 三宅さんのことは中平邦彦著『パルモア病院日記 三宅廉と二万人の赤ん坊たち』に詳しいということで早速、AMAZONで注文した。(伴 武澄)

10年前、賀川豊彦連続講座委員会教文館から出版した『賀川豊彦から見た現代』を読み返してなかなか含蓄のある講演録であることに気付いた。東京市社会局長の後、大学で教えていた磯村英一さんの「いま、なぜ賀川豊彦なのか」の一節の内容を紹介したい。磯村さんは賀川のコーワーカーの一人である。

 磯村さんが戦後、まだ役人だった時代にGHQから「一人の年寄りが倒れているからずぐ救助しろ」と命令された。休みの日だったが、浅草まで出かけて公園のゴミの中にうずくまっている年配の女性を病院に運んだ。残念なことにその女性はまもなく亡くなる。亡くなったとたんに骨をどうするかが問題となった。磯村さんは自分が病院に運んだ責任から長くその遺骨を家に預かっていた。そして1980年代に友人と巣鴨に「もやいの碑」という納骨堂をつくって、墓のない人はそこに自由に入れるようにしたそうだ。

 最初の納骨はくだんの女性だったが、「自分たちには墓がないから、入れてくれ」と納骨を希望する人たちが増えて、講演時には「3000人」の予備軍ができたという話した。

 マイク・マンスフィールド駐日大使へのクリスマス・カードにその話を書いたら、「おれも入れてくれ」という返事が来て、まもなく上院議員をやめたからとりあえず「バッジ」をガラスのケースに入れて送ってきたというのだ。

 磯村さんは当然、嬉しかった。

 後日談は続く、今は誰も忘れているだろうが、張香山という中日友好協会の副会長まで務めた中国親日家がいた。磯村さんが訪中した折に、「もやいの碑」の話をしたら、張香山もまた「おれも入れてくれ」といったそうなのだ。

 磯村さんによれば、賀川豊彦がいたら「やっていた」はずのもとをやっただけなのだが、「私はほんとうに、ここにボーダーレスの新しい、大きな役割があるのではないかと思った」と書いている。磯村さんは1997年に94歳の天寿をまっとうした。

 なるほど賀川豊彦顕彰するということはこういうことなのだと思った。いい話は明日も続きます。(伴 武澄)



 【もやい】広辞苑によると「もやい」は「舫い」と書き、元々は「船と船とつなぎ合わせること」。「二人以上の人が一緒に仕事をすること」「共同」とある。「もやう」と動詞でも使うそうだ。

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ