2009年2月アーカイブ


2009年02月28日(土)
ドイツ在住ジャーナリスト 美濃口 坦

 ■がんばります

 先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議でなく、まだ「蔵相サミット」とよばれていた頃だから、かなり昔のことだ。ベルリンで開催されたこの蔵相サミットが はじまる前に、日独蔵相会談が目抜き通りにある超高級ホテルの一室でセットされた。私がロビーのなかに入ると、日本から来たマスコミ関係者がたくさんい た。しばらく待っているとホテルの前に大きなクルマが止まり、数人の日本人が降りてくるではないか。私も立ち上がって入り口へいそぐ。

 M蔵相がお伴に左右から守られるようにしてロビーに入ってきた。彼は集まっている私たちに向かって、「わが国は、国際協調を重視いたし、、金融市場改革 と不良債権処理とを車の両輪として、、力強く推し進めて、、、安定かつ自由で透明な金融システムを築くべく、、、努力いたします」とつかえながらいってか ら、立ち去ろうとする。

 私は、この日本の政治家が、私たちから質問もされていないのに、「努力いたします」ということに驚いた。次の瞬間私の横にいた女性が、小柄の大臣を抱き かかえるようにして横に連れて行き、一人だけで何か訊こうとする。そこで他の記者も追いすがった。彼女の質問は聞こえなかったが、大臣の回答のほうは、そ の前の発言と一字一句同じで、繰り返しに過ぎなかった。私は一瞬、学芸会のために前の晩一生懸命おぼえたセリフをいっている子どもを連想した。

 二カ国会談の相手になるヴァイゲル独蔵相のほうはなかなか現われない。ロビーに坐って私は走り書きしただけのM蔵相の発言をきちんと書き直した。金融市 場自由化も、また日本の金融機関の焦付き債権問題も、当時連日のように新聞にでてくる話であったので、大臣の発言は無内容で情報価値がなかった。でも政治 家の発言に情報価値を期待するのは、私がドイツの政治家の発言に慣れているからかもしれない。そんなことを考えているうちに、M蔵相の発言がオリンピック へ出発する代表選手団・団長が「がんばります」というのに似ているのに気がついた。

 その瞬間、その数年前にドイツの別の町であったサミットの記者会見が思い出された。それは、最初に質問に立った日本人記者が「首相、遠路はるばるドイツ までいらっしゃって、この度サミットで色々ごくろうさまでした」という意味のねぎらいのコトバをかけたことであった。当時、新聞記者が健闘したオリンピッ ク選手に対するように政治家に接するのが私にはヘンに感じられた。

 この「ごくろうさま」を思い出しながら、私はこの表現が「がんばります」に対応していることに気がつく。(オリンピック代表選手でもない)政治家とマス コミの間にこのような関係あることこそ、日本の政治文化の重要な一部であり、また政治家の発言に情報価値が求められないことと底のほうでつながっているの ではないのか。というのは、「がんばります」という発言に、あまり情報価値など求めないからである。

 ベルリン蔵相サミットのほうにもどると、当日ヴァイゲル蔵相はけっきょく20分近く遅れて到着。日独蔵相会談は10分あまりで終了。後でドイツ人記者か ら聞いたのだが、ヴァイゲル遅刻の理由は、近くのホテルで自国の記者といっしょに朝食をとり、彼らとすっかり話し込んでしまったからである。

 ■もし政治家がしらふだったら

 こんな昔話を長々としたのは、すこし前にローマであった日本の財務大臣・「もうろう記者会見」のためである。周知のように、この政治家は「世界に日本の 恥をさらした」と批判されて辞職した。別にこの政治家を弁護する気など毛頭もないが、日本の政治家の記者会見に来る記者はそのほとんどが日本人であるの で、本来「世界に」といった話しにならなかったのではないのだろうか。日本のメディアが憤慨して、財務大臣辞職という政治的事件になり、外国のメディアも 報道したというのがその順序だった。

「世界注視の会議でまともに仕事をできたのかどうかが疑われる」と心配する人がいたら、これは、(しらべもしないで) 自国の政治家が(記者会見の前に酒さへのまなければ)サミットで「まともに仕事をした」と思うことになる。人々は、けっきょく「ごくろうさま」といえな かったから憤慨していることになり、すでにふれた「がんばります・ごくろうさま」のメガネで政治を見ていることにならないだろうか。

 インターネットで記事を読み、そこに貼られたリンクをクリックして記者会見の場面を眺めた外国読者は、日本人とは別の印象をいだいたと思われる。それは 政治家が酔っ払って記者会見をすることは時々あることで、例えば、独週刊誌シュピーゲル・オンライン版は、眠そうにしている日本の大臣だけでなく、笑い上 戸になったサルコジ仏大統領の記者会見の場面もみせていた。

 またローマの「もうろう記者会見」に関して「受け答えがまるでかみ合わない」というのも、とってつけたような非難である。もし政治家がしらふだったら、 無内容な発言をしようが、また質問にこたえていなかろうが、誰も気にかけないからである。日本の国会のコンニャク問答は今にはじまったことではない。

 次に記者会見で居眠りしかかるほど緊張をとくことができたのは、政治家が、発言内容など気にかけない「がんばります・ごくろうさま」文化によりかかっ て、自国記者を応援団のように思っているからである。多くの日本の政治家が発言に関して無防備で、よく失言するのも、このことと無関係でない。新聞で読む 日本の政治家の発言は、情報価値に乏しい「犬が西向きゃ尾は東」か、それとも「失言」か、という二つのケースしかないように思われることがある。

 日本には政治家に対して絶対的な不信を抱く人が少なくないが、このような政治文化と無関係でない。残念なことに、この文化は、日々吸う空気のように人々 に自明で意識されないために、論じられることも少なく、その結果存在し続けて、代わり映えのしない事件がいつまでも繰り返されることになる。

 美濃口さんにメールは mailto:Tan.Minoguchi@munich.netsurf.de

 2月28日、賀川豊彦献身100年記念事業の記念礼拝とキックオフパーティーが青山学院大学のベイリーチャペル、青学会館で行われ、関係者160人が参加した。記念事業実行委員長の阿部志郎氏はあいさつの中で「賀川先生は遠い先を照らす灯台のような人だった。先生がどういう問題を提起したかが問われる」と指摘、村山盛嗣氏は「賀川先生と仲間たちという視点でプログラムを組んでいる」と神戸プロジェクトの独自性を強調した。メモを頼りにあいさつを再現したい。

 東京プロジェクトの阿部志郎氏あいさつ

 降る雪や明治は遠くなりにけりという。
 戦争も知らない人が増え、まして賀川豊彦先生は忘れ去られている。
 だが、もう一度、賀川先生に注目しよう。
 賀川先生はたくさんの仕事をした。なぜ賀川先生が事業を始めたのか。
 今なお生き続け活発に活動している事業も少なくない。
 賀川先生が何を残したのかというより、その先を見たい。
 賀川先生は遠い先を照らす灯台のような人だった。
 多くの人は賀川先生が何を書き、何をしたかを問う。そして賀川先生を批判してきた。
 問題はこの指の先にある。賀川先生がどういう問題を提起したのかということである。
 賀川先生が残した思想と行動の中に大切なかぎが隠されていると確信している。

 神戸プロジェクトの村山盛嗣氏のあいさつ

 阪神淡路大震災のとき、賀川豊彦先生がどういう気持ちで関東大震災の救済にあたったのか考えていたら、「これから神戸の仕事を始めよう」という一文に出会った。新川スラムの救貧活動、労働運動、農民運動、協同組合運動など広い範囲の仕事をしているが、すべて神戸の仕事として行動していたのだと思った。すべての原点に神戸があった。
 賀川先生の多くの業績は多くの仲間があったから大きな仕事ができたはずだ。神戸プロジェクトは「賀川と仲間たちに出会う」というプログラムをつくっている。これから先の100年を目指して歩く出発点である。賀川先生ならどう考え、取り組んだかを考えようというのだ。
 「100年シンポジウム」は来週、バングラデシュのユヌス氏を招くが、これから毎年シンポジウムが続けられるプログラムである。組合、生協農協といった組織を次世代に引き継がなければならない。「町マップ事業」は賀川先生が神戸の地で大なった事業の地を探し出し、仲間たちの歩みをウオーキングでたどる企画。生協OBのご婦人方やYMCA、関西学院の学生たちが参加しているが、どんどん増やして、若者たちに賀川精神を伝えていきたい。

 昨年来の経済危機の最中での開催であったため、パーティーの会食はお弁当とし、参加費の一部を「貧困」問題を解決するために尽力しているNPO法人に寄付することになった。

 神戸プロジェクトのシンポジウムが近づき、遅まきながらムハマド・ユヌス氏の著書2冊を読んだ。10年ほどまえの『ムハマド・ユヌス』と昨年出版されたその続編ともいえる『貧困のない世界を創る』。ともに猪熊弘子が翻訳し、早川書房が出版した。

 読み終えてまさに90年前の賀川豊彦が眼前に復活した。バングラデシュが独立して、留学先のアメリカから帰国したユヌス氏は母校のチッタゴン大学経済学部長に迎えられたが、近隣の貧しい農村の実態を放置できずに象牙の塔を抜け出した。神戸神学校から新川スラムに移り住んだ青年、賀川豊彦は肺病を悩みながら残り少ない人生をならば貧しい人々とともに暮らそうと決断した。動機は違うが、「救貧」があり「防貧」が続く。

 グラミン銀行が行うマイクロクレジットは賀川が関東大震災後に本所に設立した中ノ郷質庫信用組合の 発想と生き写しなのだ。貧しい人に金を貸すことが無謀だと考えられていた時代に、鍋釜を質にとれば、夕方必ず必要になるから借金は必ず返済されるとの信念 通り、中ノ郷は貧しい人々のかけがえのないよりどころとなった。グラミンもまた同じ発想で返済率97%を誇る銀行として発展したいるのだ。(伴 武澄)

 数年前開かれた武蔵野第一中学校の同窓会で銭村という初めての男と同席した。校区にあった井の頭小学校は出たが、親の転居で武一中には在席しなかった。当日は井の頭小学校のメンツが多かったため、たまたま声をかけられ参加したのだという。

 銭村は一橋大学を卒業して大手証券会社に入るが、なんで転居したのか理由を聞いたところから話はがぜん面白くなった。

「おやじは東洋工業に勤めていてサッカーをやっていたんだ」
「東洋工業ってマツダだろ」
「そう。だから井の頭小学校に来る前は広島にいたんだ」
「広島の人だったんだ」
「いや違ってね。おじいさんがアメリカに移住していて、おやじが慶応大学に留学していたときに戦争になったんだ。広島はおじいさんの故郷さ」
「えっ、それでお父さんは収容所に入っていた?」
「うん、アリゾナ州の収容所。おやじには建三、建四という弟がいて、戦争の時は高校生だったんだ。母親も妹も一緒に収容所に入っていた」
「苦労したんだ」
「おじいさんは野球が大好きで、収容所でも球場をつくってみんなで野球をしたらしい。で、建三、建四も戦後、大学に入って野球をやった。その後、請われて広島カープに入団した。銭村兄弟って有名だったんだぜ」

 調べてみると、銭村建四のことは中国新聞のサイトに出ていた。
 第8部 よみがえる熱球 マイ・グレート・メモリーズ・アズ・ア・カープ(1)銭村 健四
 「得意の足 ファン魅了 父の夢"故郷"で体現」
 http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/50y/retu/8/990810.html
 浅黒い顔の中で、ギラリと光る精かんな目。そして、小さい体を目いいっぱい使ったエネルギッシュな動き。広島びいきの名物実況 で知られる中国放送の山中善和アナウンサーは「アメリカからやってきた黒ヒョウ」と評した。五三年六月、来日した日系二世の銭村健四は、その抜群のスピー ド感で広島ファンの心をつかんで離さなかった。
 兄健三、同じく日系二世の光吉勉とともに後援会が四百万円もの募金を集めて呼び寄せたことに加え、銭村兄弟の父が広島出身となればファンの期待はいや応なしに盛り上がる。三人の広島入りには十万人が人垣を作って出迎え、オープンカーでパレードしたほどだった。

 なるほど当時の日本のプロ野球はアメリカの大学生並みでしかなかったのか。そんな思いにさせられた。建三はすでに教員の試験に受かっていたため、その年の8月いっぱいで帰国してしまうが、建四は4年間カープに滞在して、アメリカでレストランを経営することになる。

 言い忘れたが、おじいさんは建一郎といって、おやじは建次といった。建次は慶応大学を卒業すると東洋工業に就職する。サッカーが縁だったらしい。(伴 武澄)
 17日午後6時すぎ、中川昭一財務相が辞意した。満身創痍である。仮にG7の記者会見で醜態を演じたのが風邪 薬のせいだったとしても、しどろもどろになった映像が世界中で放映されたのとは事実。その一点だけで身を引くだけの失態であろう。往生際の悪さばかりが目 立つ辞任劇だった。
 後任には与謝野馨経済財政担当相が兼務することになったが、三つも大臣を兼任できるのか、職場で話題になっ た。私見では「解散が近い」ということではないだろうかと思ってしまう。麻生政権の支持率は10%台。小泉純一郎元首相に突き放され、公明党からも完全に 見放された。これ以上の減点ははないだろうと思っていたら、この様である。

 さて日本丸はこれからどうなるのだろうか。2008年10-12月の国内総生産(GDP)は前期比マイナス12・7%(年率換算)と先進国の中でも最悪 の数値が発表されたばかり。輸出の壊滅的な減少によって輸出企業はヒトのリストラ策を相次いで発表している。失われた10年からようやく脱却しかかった経 済は9・15ショックで再び奈落の底に突き落とされた格好。

 深刻なのは日本が直面しているのが経済危機だけではないことだ。政治への不信感が幾重にも折り重なっている。たとえ民主党が政権をとったとしても、有権 者からみれば自民党の自滅にしか映らない。アメリカのオバマ大統領のようにチェンジが訪れるとは思えない。日本の地盤沈下はいよいよ厳しい時代に突入す る。(伴 武澄)
  右の写真は中国のBYDが開発中の電気自動車F6。デトロイト自動車ショーで公開されたメタリックシルバーの精悍なボディ。BYDは昨年12月、プラグイ ンハイブリッド車F3DMを世界に先駆けて発売したことから一躍、存在感を増した。アメリカの投資家バフェット氏が同社に投資すると発表したばかり。オバ マ米大統領の就任演説でも「太陽光と風力でわれわれの自動車を走らせる」と述べ、石油一辺倒だったブッシュ政権からエネルギー政策を180度転換させたば かり。経済危機で自動車の販売は世界的に大きく後退しているが、ハイブリッドや電気自動車に追い風が吹き始めた。
  トヨタ自動車はプリウス(ハイブリッド)の3代目を5月に発売すると発表した。エンジン排気量を1500ccから1800ccに拡大し、燃費性能も約1割 改善。ガソリン1リットル当たりの走行距離は36―40kmに達するという。性能アップに併せて販売価格は200万円台半ばまで上昇するとみられる。トヨ タは世界市場ですでに100万台以上のハイブリッド車を販売してきているが、価格次第では後発メーカーに追い上げられる可能性もありそうだ。

  逆にホンダは2月に発売したハイブリッド車・インサイトを189万円に設定、ハイブリッド車に価格競争を持ち込んでいる。これまでシビックなどにハイブ リッドシステムを搭載してきたが、ハイブリッド専用車を持たないことがハンデとなってきたといわれてきた。そういう意味でインサイトは起死回生を狙った戦 略車といえよう。難はデザインがプリウスに「似ている」という点だけ。ヒットの可能性は大いにある。


   BYDがすでに発売したプラグインハイブリッド車F3DMは価格が日本円で約200万円。中国車としては高い水準だが、バッテリーだけで100km以上 走るといわれるだけに、驚異的な価格設定である。BYDはもともとが電池メーカー。中国の経済成長に合わせて急成長し、いまは世界有数のバッテリー会社。 欧米ではテスラなど異業種から自動車産業に参入するケースが増えており、バッテリー会社が自動車をつくるとどういう車が誕生するのかを示す格好の例であ る。

【三菱自動車】i MiEV(アイミーブ)、電気自動車、今年夏ごろ発売、注目は価格。
【BYD】中国、F3DM(プラグインハイブリッド)2008年発売
【Think】ノルウエーのThink City、電気自動車、1999年誕生。
【テスラ】IT関係者が出資した電気自動車、2008年発売、走行距離233km
【慶応大学】エリーカ、8輪の実験車


 【GM】Volt(プラグインハイブリッド)、2010年、1回の給油充電で1000km走れるという。本当なら大化けするかもしれないが、GMは経営危機に直面して大規模なリストラを敢行中。開発に遅れが出ないといいが・・・。。
 「払わないなら弁当持参を 給食『契約制』に 市川市教委」という記事が6日の東京新聞のウエブに掲載された。

 「給食費を払わないなら弁当持参を」ということは、給食費を支払わない児童や生徒に給食を食べさせないということを意味する。

 この記事を読んで、これは大変なことだと考えた。給食費の未納問題は確かに深刻である。本来なら支払い能力があるのに支払わない親が増えていることも知っている。だからといって、給食を食べさせるなということにはならない。

 市川市教委の方針が実施されたら、教室で昼ごはんを食べられない子どもたちが出るのではないかと心配になる。

 まず給食を配膳するのは子どもたちである。先生が「あの子には配膳しないように」などと指示できるはずがない。仮に指示しても、子どもたちにそんなことができるはずもない。当惑するのは配膳担当の子どもたちなのだ。

 第二に親が給食費を支払わず、弁当も持たせなかったらどうなるのか。同じ教室の中で何人かの子どもだけが、お昼ごはん抜きで過ごせるのだろうか。

 否、学校とはそんなところではないはずだ。みなさん、どうお考えですか。

 (紫竹庵人)
 ガソリン税の暫定税率をめぐる第一ラウンドは、自民党が暫定措置を5月末まで延長する「つなぎ法案」を提出、1月中に衆院で可決しようとしたこと。衆参議長による調停で、本年度内に参院で採決することを条件に自民党はつなぎ法案を取り下げた。

 第二ラウンドはどうなるのか。たぶん①法案に盛り込まれた延長期間10年の短縮②上乗せ税率幅の低減③ガソリン税の本則を改定する―などの論点をめぐって与野党間の熱い議論が展開されるのだろうと思う。

 ガソリン税など暫定税率の問題で筆者がいかがわしいと考えていることを述べたい。

 第一に暫定の期間が長すぎる。最初にガソリン税などに暫定税率が導入されたのは昭和49年。1974年のことである。石油ショックにより道路財源が確保 できないことから当初2年だけ多く負担してくださいというのが趣旨だった。それが3年、5年の延長、延長でここまでやってきた。今回の延長は10年だから 何をかいわんやである。

 暫定期間が34年ということは3年後に定年を迎える筆者が働いてきた年月に匹敵するからすごい。30年以上にもわたり"暫定"はないないだろう。

 10年以上も前に共同通信の経済部の記者時代からこの問題を記事に書いてきたが、当時でさえ「15年もの暫定はないだろう」と問題提起した。しかし"暫 定"問題に関心を示していたのは石油業界だけであった。本当に必要な税率だとするならば本則を改正すればいいことである。そんなに難しいこととも思えな い。

 第二に暫定税率が高すぎることがある。ここ数年ガソリンそのものが高騰しているが、長い間、製品価格に対して100%以上の課税が続いていたのである。こんな税率はタバコしかない。

 第三は自動車関連だけに暫定税率がかけられていることである。ガソリン税、軽油取引税、自動車重量税などである。30年前なら自動車は"贅沢品"の一つ として重課税があってもおかしくない。だが、自動車を持つことが富の象徴でもなんでもなくなった時代になっても自動車に重課税することは税の公平性からみ ておかしい。国際的にみて自動車オーナーにこんなに税負担がある国はないはずだ。本則を改正しようとすると必ずこういった議論が起きるから政府はなんとか 暫定措置の延長で税収減をかわしたいのだと考えざるを得ない。

 第四におかしいのは自動車関連の税金が道路特定財源となっていることである。自動車に乗る人たちが道路建設の負担をするのは当然のことと思われた時代も あった。しかし、発想は昭和20年代のものである。田中角栄議員が同29年に議員立法で成立させた法律である。当時は、高速道路などはなく、国道1号線で さえ、十分に舗装されていなかったのだから悪くない発想だったに違いない。ちなみに高速道路を有料にしたのも田中角栄氏だった。

 全国に道路を整備することはまさに地方への公共事業予算の確保にほかならなかった。連想ゲームのように「暫定税率」は「道路特定財源」という自民党の政権維持のための資金源へとつながる。これを断ち切るのが改革でなくてなんであろう。

 政府・与党にとって暫定税率が日切れとなるのは悪夢であろう。しかし、たとえ1日であってもガソリン税が本則に戻ることは国民にとって大きなショック療法となる。暫定税率といういかがわしい制度がこれほどまで続いてきた意味について考えるきっかけになるだろうからだ。

 (紫竹庵人)
 この事件が起きて、まず困ったことになると考えた。日中間が現在、薄氷を踏むような状況であるからである。ほんの小さなきっかけで反日感情が炎上する環境にあるし、日本側にはかつてのような日中友好の感情は薄れている。

 一昨夜、ニュースを見ながら思いついたのは、ギョーザが中国製でなく、日本製だったら、どんな反応が起きていたのだろうということである。たぶん菓子パ ンに針が入っていた事件のように保健所ではなく、警察が動き出したはずである。そう「事件」となっていたことは確実である。

 中国製ギョーザ騒動の発信源は兵庫県警と千葉県警だった。メディアは「両県警は業務上過失傷害などを視野に捜査を開始した」と書いた。しかし、捜査本部を立ち上げたわけでもなく、鑑識が農薬の混入の有無を調べている程度なのだ。

 これまでの調べで、通常の工場の操業中で農薬が混入する可能性はほとんど薄れている。まず検出された農薬メタミドホスの濃度が通常の検疫基準に比べて 100-400倍と高く、野菜の残留農薬の影響はほぼ否定されている。次いで、包装袋とトレーに穴が見つかったこともある。

 だから、誰かがどこかで「意図的に」混入した可能性が高いという見方が強まっている。にもかかわらず、まだ「事件」となっていないのである。

 日本の捜査当局が本格的に動き出せば、中国側に捜査協力を求めなければならない。報道だけではあるが、表立って中国の公安が動いている形跡はまだない。 公安が動けば、犯人を捜さなければならない。そうでなくとも日中の感情は炎上しやすい環境にあるから、政治的な判断も不可欠だ。

 日本側としてもまだ100%、国内での混入を否定できないでいる。万が一、そんな事実が浮上したら、今度は日本側が大きな恥をかくことになる。恥をかく 程度ならまだいい。中国の半日ブログが書き立てているように「日本が反中キャンペーンを張っている」ことが"事実"となりかねない。

 中国製の食品に対する健康被害が国際的に広がっているとはいえ、ことは慎重に進めなければならない。 (紫竹庵人)

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ