貝と羊の中国人

user-pic
0
加藤徹『貝と羊の中国人』(新潮新書、2006年6月20日)

国家は民族の衝突から生まれる。殷と周の衝突から黄河流域に文明が生まれたという。農耕民族の殷は「貝」を通貨にし、西方の遊牧系の周は「羊」を大切にした。だからそれぞれ、貝と羊に関する漢字が多く生まれた。
財、貨、賭、買・・・
義、美、善、養・・・

うーん。

殷人は自らの王朝を「商」呼んだ。周に滅ぼされて、殷人は土地を奪われて亡国の民となり、いわば古代中国版ユダヤ人となった。各地に散っても連絡を取り合い、物財のやりとりを生業とした。「商人」の始まりなのだそうだ。
筆者は中国通を自認していたが、知らなかった。

 紫竹庵日記

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/504

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2008年10月26日 10:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小野梓の世界連邦論「救民論」」です。

次のブログ記事は「噫々 賀川豊彦先生 大宅壮一」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ