2008年3月アーカイブ

2008年03月28日(金)
萬晩報通信員 成田 好三
 民放TVのワイドショー(今は生活情報番組と呼ぶそうだが)の定番コーナーになっているのが、「新聞読み聞かせ」である。業界でこのコーナーを何と呼んでいるかは知らないが、いまやワイドショーには欠かせない存在になっている。

 新聞各紙の現物か原寸大のコピーをボードにはりつけ、読み聞かせ部分に赤色のアンダーライン(新聞は縦書きだから、右サイドラインか)を引き、指し棒を手にしたアナウンサーが、それぞれ独特の声色(だいたいみんなおんなじか)で、新聞記事を読む。

 子どもは母親から絵本を読んでもらう。大人はTV画面の向こうから、アナウンサーに新聞を読んでもらう。それが、いまの日本では日常となっている。

 民放TVのワイドショーのネタ元の多くは新聞記事である。週刊誌であることも多い。活字メディアのネタを面白おかしく映像化したものが、ワイドショーだ と言ったら、言い過ぎだろうか。ネタ元の新聞記事を、もっとあからさまに、あるいは、もっと恥も外聞もなく、素材に使う手法が新聞読み聞かせコーナーだと 言ったら、これも言い過ぎだろうか。

 それはともかく、テレビ朝日の「やじ馬新聞」に始まるこのコーナーは、著作権を侵害される立場にある新聞業界が放送中止を求めないのだから、新聞、民報TV業界間には不思議な「互恵」関係が成立しているのだろう。

 筆者も、ワイドショーの新聞読み聞かせコーナーをやめろとは言わない。短時間で新聞各紙の朝刊、夕刊の紙面のさわりが分かるのだから、これほど便利な 「ツール」はない。ヤフーなどインターネット・ポータルサイトのニュースコーナーも、ワイドショーの読み聞かせコーナーの発展系と理解することもできる。

 しかしである。どうにも納得できない新聞読み聞かせコーナーがある。TBSの朝のワイドショー「みのもんたの朝ズバッ!」のそれである。

 他局のワイドショーとの決定的な違いは、新聞紙面と記事への「敬意」のあるなしである。他局では、紹介する記事を赤色で縁取ったり、赤線を引いたりしているが、それ以上に紙面をいじることはない。いわば、ネタ元である紙面と記事を丁重に扱っている。

 しかしである。「朝ズバッ!」だけは違う。メーン司会者のみのもんたが、あの香具師的な仕草と口調で紙面を紹介することまでは許せるが、みのは右手に 持った太い赤色のサインペンで、ボードにはりつけた紙面に強くアンダーラインや丸印を書き込む。その所作は、乱暴、乱雑としか形容できないものである。ま るで、紙面に落書きをするようである。

 新聞も商品である。商品は、最終消費者の手に渡った段階で、ある程度は乱暴、乱雑に扱われることは、覚悟しなければならない。子ども用の商品などは、考えうるあらゆる可能性を想定しなければならない。

 それでも、しかしである。商品を乱暴、乱雑に扱うにも程がある。しかも、TBSとみのは、新聞という商品の最終消費者ではない。新聞を商売の「道具」にしているのである。

 みのが、乱暴、乱雑に引いたラインや丸印のついた記事や見出しは、取材記者や整理記者だけではなく、数多くの新聞社の社員の業務によって成立しているのである。

 みのもんたさん。当代随一の人気司会者であるあなたを、TBSは三顧の礼をもって、朝のワイドショー「朝ズバッ!」のメーンキャスターに迎え入れた。

 朝ズバ!であなたは、まさに王様のごとくにふるまっている。スタジオでただ一人立ち続けるあなたは、小さくて長いテーブルにちょこんと座る多くコメンテイターと、その後ろに並ぶTBSが誇る美人アナウンサーたちを、高い位置から自由自在に操っている。

 新聞紙面や記事も、あなたにとっては、そうした自由自在に操れる道具のひとつに過ぎないのだろう。しかし、あなたはやりすぎですよ。

 ちょっと品は悪いが、あなたに合わせて言います。「モノを粗末に扱う人間にろくなヤツはいない」。これは、日本に昔からある格言です。(2008年3月25日記)

 成田さんにメールは mailto:narinari_yoshi@yahoo.co.jp
 スポーツコラム・オフサイド http://blogs.yahoo.co.jp/columnoffside
  1年前、銀座で「蜆の会」が発足した。全国の龍馬社中120団体が参加し、代表に大塚寿昭氏が選ばれた。蜆の会にはこれといった活動はまだないが、会の肝 いりでこのほどライフカードから「龍馬カード」が発行された。利用額の0.5%が蜆の会に寄付される仕組みで、全国の社中のこれといった活動に使われるこ とになる。

 蜆の会の行動指針は「日本を今一度洗濯する」である。蜆の会に会費負担はないが、趣旨に賛同した人が買い物を通じて活動に貢献する。龍馬カードはそのための仲介役を果たす。

 龍馬カードは初年度無料、その後も年間に1回でも使用すれば翌年も無料。つまり無料カードであるところに最大の特徴がある。もちろん旅行傷害保険が付き、高知県立坂本龍馬記念館など高知の龍馬関連施設が無料になる特典もある。
 すでに飲み屋で龍馬カードは話題になっている。
「こんなカードあるんですか」
「えっ、知らないの」
「どんなメリットがあるんですか」
「メリットなどない。これでニッポンを洗濯するんじゃ」

 蜆の会としては、なによりも、龍馬さんの名に恥じない活動をしなければならない。そしてこのカードを持っていることがプライドになるような活動を続けなければならない。

 これからは皮算用である。全国の龍馬社中の会員は1万8000人である。1万人がカードが龍馬カードを持ち、月額1万円(年間12万円)を使えば最低でも600万円の活動資金が入ることになる。ライフカードが目指す龍馬カードの普及目標は1年で3万人である。

 蜆の会が現在模索しているのは、伊豆の下田市で不登校児を集めて教育する施設づくりである。4月から始動する。一方で龍馬の生涯を描いた「漫画本」を全国の公立小学校に寄付することも検討中である。いまのところ実際に何が始まるか分からないが、大いに期待している。

 大塚さんと蜆の会の人、頑張れ!

 蜆の会
 ライフカード
2008年03月13日(木)
韓国ウオッチャー 引地達也
  2年前の秋。ソウル市長の任期を終え、大統領選への出馬を事実上表明していた李氏について、複数の韓国捜査関係者や政府筋は「李明博は必ずつぶれる」と何 度も明言していた。ソウル中心を流れる小川を復元工事した「清渓川事業」に絡む汚職、そして株価操作。捜査機関が動き、大手マスコミも独自の調査を続けて いた。やがて株価操作に検察の捜査が入ったが、結局、大統領選挙直前に「李明博氏に関与はない」との検察の異例ともいえる発表を行い、検察も李明博という 勝ち馬に乗った政治的な判断を下すこととなった。

 そして、この瞬間、李氏が大統領の実権を握ったのである。検察権力が韓国社会の病巣だとして、検察改革を断行しようとしてぶつかり合った盧政権は就任早 々から対検察にエネルギーを消耗し、結局は挫折したことを考えると、李氏は早々と検察を味方につけたことになる。そして、古今東西、疑惑に打ち勝った政治 家は強くなるのが定説。事件をくぐり抜けて、李氏がますます意気軒昂と感じるのは私だけではないだろう。

 その各政策に目を向ければ実権を持つ李大統領なりの「強さ」がふんだんに織り込まれているのだが、紙幅の関係上、外交だけに焦点をあてる。まずは北朝鮮 政策を外交の一環とたらえる「外交政策の一体化」を目指した人事。盧政権は「アマチュア政権」と揶揄される原因となった市民運動出身のスタッフなどを徴用 した大統領府(青瓦台)と、南北統一を目標とする「理念」先行型の統一省、そして実際に外交現場を担わされている外交通商省が、それぞれの目線で政策を考 え、実行し、それぞれの立場は乖離したまま、国家の外交としてのダイナミズムが失われた反省がある。李大統領はまずはトップダウンの実行に対応する組織作 りと人員の配置を考えたようだ。外交通商相と統一相の人事はその顕著な結果であろう。

 外交通商相の柳明桓氏は日米に強い職業外交官であり、統一相は在中国大使をつとめた金夏中氏。韓国外交通商相だった現在の国連事務総長である幡基文氏の 後任人事でも実力派の外交官としてこの2人の名前は取り上げられていたが、結局は当時、青瓦台の首席補佐官だった宋ミンスン氏がおさまった。

 外交政策の一体化は外交スタッフにも大きな影響を与え、筆者が盧政権時に外交スタッフからよく聞いた「トップが変人だから」との諦めにも近い説明はもう 通用しないだろう。「失われた5年」を取り返すように、外交が動きだし、北朝鮮政策も対日、対米も有機的に動き出すはずである。スポーツを例に出すまでも なく、韓国社会は人と人、組織と組織が「有機的」に結びつくときの異様な力を発揮するのである。

 李大統領が4月中旬に訪米しブッシュ大統領とキャンプ・デービッドで会談する予定だというニュースは印象的だ。盧大統領は在任中、3度訪米しているが、 後半ではキャンプ・デービッドで蜜月をアピールするブッシュ大統領と小泉純一郎首相への焦りもあり、韓国外交当局は米側にキャンプ・デービッドでの会談を 申し入れ、米側から一笑に付されるという経験がある。任期終了が近いというブッシュ政権の事情もあるにせよ、韓国にとって願ってもない対米外交の再スター トであり、この場で米韓同盟の「未来ビジョン」を発表するには格好の演出である。

 そして対日外交は、就任前の朝日新聞などとのインタビューで「歴史認識を問題化しない」と明言した。竹島(韓国名・独島)の領有権問題や教科書、小泉純 一郎首相の靖国神社参拝でシャトル外交が途絶えた時に比べれば、安倍晋三政権以降、回復基調にある日韓関係をさらに正常化、そして友好関係へと導く発言で ある。しかし、実権を握った大統領がそう言っても、日本のリーダーが靖国神社に参拝すれば、竹島について不用意な発言をすれば、韓国民の反対の声を抑えき れはしない。そう考えれば、これらの発言は「歴史認識が問題となるようなことをしないでくれ」というメッセージであり、先制パンチであると見た方がよい。 李大統領の対日融和と言うべきこの発言を受けた上で、日本側がそれを無視する行動をした場合、李大統領が大規模な反日の声を背景に厳しい姿勢に転じるのは 間違いない。

 そして、北朝鮮政策。金大中元大統領から続く融和政策は基本的に続けるが、金剛山の観光事業や開城工業団地など南北融和という強い信念を持った「現代グ ループ」に支えられながら続けられている事業は「民間主導」という形で維持するが、そのほかは前述した通り国際外交の一環として位置づけ、是々非々で対応 することになる。一方の北朝鮮側は常套手段である「韓国の沸点を見極め」ようとするはずで、まずは3月初めの米韓合同軍事演習の非難を始める。さて、李大 統領はどこで怒り、どこで笑うのか。注目したい。
 吉岡幸雄著『日本人の愛した色』(新潮選書)を読んで、日本の色を一つひとつ自分のものとして覚える楽しみが増えた。

 江戸時代、贅沢を禁止され、灰色や茶色といった地味な色合いの服地の着用を余儀なくされた町民たちが目指した粋の先に微妙な変化の色彩文化が育まれた。

 百もの鼠色の違いが分かるのかと問われても答えようがない。しかし、「桜鼠」(さくらねず)と書かれるとなるほどイメージがわくではないか。

 茶色では「利休色」、「藍墨茶」。利休の着用していた帽子の色なのか。茶色に一滴、藍を落とした色ではないか。想像をたくましくすることができる。

桜 鼠 利休色 藍墨茶
 たくさんの色を並べて見るのは楽しいことだ。子ども時代に色鉛筆のセットは12色あった。ぜいたくなセットは24色だった。たくさんの色鉛筆を持つことが楽しかった。本物の色の違いを見比べるのも楽しいが、言葉の上で色を思い浮かべるのも実は悪くない。

PN2008030301000405.-.-.CI0002.jpg ここからは蛇足。コンピューターは何百万もの色を表現することができる。ウエブで日本の色を表現できたらと考えた。1000足らずの日本の色を表現するのは難しいことではないはずだ。瞬時にそう思った。が、おっとどっこいそう簡単に問屋はおろしてくれなかった。

 日本の色の見本を見せるウエブページはいくつも見つかった。それらのページをたんねんに見ていって、ウエブにはすでに限界があることを知らされた。

 東雲色(しののめいろ)と曙色(あけぼのいろ)の色表示コードはともに「#f19072」。紅掛空色(べにかけそらいろ)と紅碧(べにみどり)もともに 「#8491c3」であることが分かった。色表示コードは6桁、アルファベットのa-fと数字の1-10で表示するから数十万の組み合わせがあるはずだ が、日本の色の微妙な違いを表現できないのである。

東雲色 曙色 紅掛空色 紅碧

このアーカイブについて

このページには、2008年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年2月です。

次のアーカイブは2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ