「母の日」の母の願い

user-pic
0
2003年05月12日(月)コロンビア大学東アジア研究所 大西 広

 この原稿を書いている現在は5月10日の「母の日」である。「父の日」には何もしない子供たちもこの日ばかりは皆が何かをしたいと考える。が、そんな母 の日の由来が残念ながら日本にはあまり正確に伝えられていない。実は、これはアメリカ史上最大の戦禍であった南北戦争時に夫や父親を失った両軍の遺族のケ アに尽力したジュリア・ワード・ホーウ女史が1972年に「平和のための母の日」を呼びかけたのが最初である。

 確かによく紹介されているとおり、アンナ・ジャービス女史が母の命日に教会で白いカーネーションを捧げた儀式を始め、それが数年後にウィルソン大統領に よって正式に認定されたことによって「母の日」は始まる。が、このアンナの母(同じ名前のアンナ・ジャービス)は上に述べたホーウ女史に共感し、南北戦争 の両軍を分け隔てせずその衛生状態の改善に尽力した女性である。そして、この母の遺志を継ごうと娘のアンナがカーネーションの儀式を始めたのである。

 このことは私も実は今回初めて教えられた。それはこうした母たちと同じ気持ちをもって出征した息子とイラクの民衆、兵士のことを気遣うひとりの日本人の 母親にここニューヨークで知り合い、その方に教えられたからである。この息子さんは海兵隊所属である。グリーンカード(定住権)は持ってはいるが、市民権 は持たない日本国籍の日本人が1人、この戦争に参加していた。私にはこの事実が余りにも衝撃的で、そのために兵士とは何か、その中のマイノリティーとは何 かをずっと考えさせられて来た。前回このコラムで紹介したインディアンの女性兵士の戦死もそのことと関わっている。

 ところで、この息子さんは気立てのやさしい、繊細な神経をお持ちの方のようである。が、この繊細さはアメリカ社会で生きていくには大変な精神的な負担に なっているとお聞きした。「愛国心」が何よりも重視されるアメリカ社会においてマイノリティーが気がねなく生きて行くためには何らかの態度を示さなければ ならず、その最も端的な表現方法として目の前にさし出される選択肢が「入隊」である。そして、その中でも最も危険で最もハードな仕事を受け持つ海兵隊が最 高の選択肢として提示される。

 実際、財政危機下でかつドイツ、サウジなどの支援のない戦争のために兵士の待遇は非常に悪く、その状況下での兵士の調達のためにアメリカ政府は今回グ リーンカード保持者の市民権取得を兵士とその家族に対して緩和している。通常は3年以上の米国在住が必要とされるものが、兵士とその家族についてはその条 件を要しないように改定したのである。知人の息子さんの入隊理由のひとつにもこのことがあった。が、そのためには1カ月150ドルしかない特別手当で毎日 16時間の重労働をさせられているという。確かにこんな待遇で兵士を戦場に送り込むには市民権取得という「アメ」が必要となろう。

 とはいっても実は本当のところ、市民権の取得はそう簡単ではないようである。死亡した兵士には市民権が与えられ、よってアーリントン墓地に葬られるので あるが、そうでない兵士にはすぐそのまま市民権が与えられるわけではない。移民法がテロ後かなり厳格化されているためである。現在グリーン・カード保持者 の兵士は全体で3万7000人おり、比率にして3%を占めているが、上記の誘導措置により新規入隊者に占めるその比率は4-5%に上昇しているといわれ る。このうちの何%が今後実際に市民権取得に辿りつけるのであろうか。

 が、それ以上に彼らの心をやりきれなくさせているのは5月6日付けの「ロサンゼルス・タイムス」の記事かも知れない。そこではこうした非米市民の兵士へのあからさまな危険視が表明されているからである。
http://www.latimes.com/news/printedition/california/la-oe-krikorian6may06.story

 たとえばこの記事には次のようなことが書かれている。つまり、彼らが本当に米国憲法に忠誠を誓うつもりかどうか市民になる前に分からない、上記のような 移民への傾斜は「本当の市民」の入隊の魅力を少なくする、そして最後に過去にアイルランド移民の部隊がメキシコ戦争で裏切ったと言うのである。これには3 月末のクウェートで市民権を持った1人のイスラム教徒の兵士が手榴弾で同僚の兵士を殺害したことも傍証として挙げられている。アメリカはこうして自軍兵士 さえ信じられないという状況の下で戦争をしている。そして、その結果彼らグリーンカードの兵士たちは上官から信用さえされないまま、戦地での戦闘を命令さ れているのである。

 この母親によるとその息子さんも含め、今回の戦争に疑問を持ちながらも戦地に送られている兵士は多いという。大義のある戦争は辞さないが、この戦争には その大義を感じられないからだという。が、ロサンゼルス・タイムス紙はこうした問題に触れることなく、危険な兵士が内部にいるとのみ主張する。そのような 目で見られながらも市民権取得のために戦地に送られる、そうした兵士のことを気遣う母親の気持ちは計り知れない。この兵士もまた母親の誕生日は忘れても 「母の日」には毎年必ず何かをプレゼントする、そうした普通の息子さんである。

 大西さんへメールは mailto:ohnishi@f6.dion.ne.jp


May 6, 2003 LA times

COMMENTARY
Green-Card Soldiers Don't Pass Muster
* Using noncitizens for our defense raises security and allegiance issues.

By Mark Krikorian
During the Iraq war, much was made of the accomplishments of noncitizens in the military. To speed the granting of citizenship to these "green-card soldiers," President Bush waived the three-year residency requirement for naturalization. Sen. Barbara Boxer, Rep. Darrell Issa and others have introduced legislation to ease citizenship requirements for immigrants in the service or their families.

But no one seems to have stepped back and questioned the underlying policy: Is it a good idea to allow noncitizens to enlist?

There now are more than 37,000 lawful permanent residents ? green-card holders ? in the military, accounting for about 3% of active-duty personnel. (Illegal aliens are prohibited from enlisting ? for now). They make up 4% to 5% of all new enlistees, and their numbers have grown by one-third since 2000.

Barring changes in immigration policy, this trend will only continue as immigrants make up an ever-growing share of young people. In March 2002, children of immigrant mothers accounted for 18.3% of the school-age population and 19.2% of those younger than school age.

There are two kinds of problems with the enlistment of noncitizens: principle and practical.

To begin with principle: The question here is one of membership in the nation. Theodore Roosevelt rightly said that "if the immigrant who comes here in good faith becomes an American and assimilates himself to us, he shall be treated on an exact equality with everyone else." But Roosevelt's next sentence is also relevant: "But this is predicated upon the man's becoming in very fact an American, and nothing but an American."

An immigrant becomes "in very fact an American" by becoming a citizen. The oath taken by new recruits would seem to presuppose that they are already Americans: "I do solemnly swear that I will support and defend the Constitution of the United States against all enemies, foreign and domestic; that I will bear true faith and allegiance to the same" Until an immigrant fully becomes one of us, how can we expect him to "bear true faith and allegiance" to our Constitution, rather than his own? To use an analogy from a different arena, you can't serve on the altar until you join the church.

Then there are the practical problems: As the proportion of noncitizens in the armed forces grows, there is the real possibility that defending the United States will become "work Americans won't do."

Over the long term, budget pressures and high enlistment targets will create incentives for the armed services to continue to cut back on pay and benefits and to hope that shortfalls can be made up by noncitizens seeking accelerated citizenship. This would save the Pentagon money but make military service relatively less appealing to those Americans who already have citizenship.

This didn't happen during previous waves of immigration because there was little disparity between immigrants and the native-born in the other characteristics that affect enlistment rates ? educational attainment, for instance. But now the disparities are huge.

This points to another practical problem. By limiting military service to those who have already become citizens, we might be less likely to face instances of desertion and treason, like the San Patricio Battalion, a group of Irish immigrants in our Army that defected to fight for the enemy in the Mexican War. Although Sgt. Asan Akbar, the Muslim convert who allegedly killed two of his comrades in a grenade attack in Kuwait, was not an immigrant, the Washington Times reported recently that U.S. officials feared more attacks from the 4,000-plus Muslims, many of them immigrants, in the armed forces.

There is a way out of this problem without changing the military's rules: reducing immigration. Though the principled argument is unrelated to numbers, it would become less salient if there were fewer noncitizens enlisting. And the practical problems with immigrant enlistment would shrink if the immigrant population were to shrink. Noncitizen enlistment and mass immigration just don't go together. One or the other needs to be ended.

Mark Krikorian is executive director of the Center for Immigration Studies.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1011

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2003年5月12日 19:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「文化で飯が食えるか!」 遊子っ子通信」です。

次のブログ記事は「成長促す全米シンクタンク他流試合の旅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ