100億円産業へ-うどんの次はBonsai発見

user-pic
0
2003年05月17日(土)四国新聞社論説副委員長 明石安哲

 自分の町の知名度が低くて閉口することといえば、県外へ電話した時、「いえ、カナガワではありません。カガワです」と何度か言わねばならないことだろう。そんな日本の無名県・香川から世界に向けて日本文化を発信する「さぬき盆栽美術館」構想が地元のNPO法人アーツカウンシル高松(略称ACT=石井ルリ子理事長)から提案され、昨年秋に構想準備委員会がスタートした。日本初の屋上盆栽美術館構想は高松市丸亀町商店街の大規模再開発に盛り込まれ、最短なら平成18年の開館。さぬきはうどんばかりじゃない。

 うどんとベストセラーの謎

 ある日、突然の讃岐うどんブームのおかげで香川県はたちまち全国の注目を集める土地になったが、近年の香川県は各種調査で「全国一知名度の低いことで全国に知られる」という逆説を体現した土地だった。県都高松市は古代から江戸期を通じて四国の玄関として栄え、明治以降も長らく経済力を含めて優越した地位を保ち続けてきたが、経済・情報の中央集権化の進行、特にバブル景気の騒ぎの中で、すっかり名前を忘れ去られてしまった。うどんブームで「讃岐」は一躍脚光を浴びたが、それを「香川」のことだとは知らない人がいるのにはもう笑うほかない。

 讃岐うどんが「安くてうまくて早い」のはもう20年も前からのことだ。香川に縁のあった人々は「これほどうまい釜揚げうどんを毎日100円で食べられる」社会システムに注目していた。銀座のデパートで食べる700円のキツネうどんの不味さと比べて、その豊さを「讃岐の謎」と呼んだ人もいる。最近の全国的ブームのきっかけを作った人物の一人である人気作家・村上春樹さんはあるコラムの中で、こんなうまいものがあったのか、という衝撃を「米国のディープサウスで鯰ステーキを食べた時のような」と表現した。

 村上さんは余程、うどんがお気に召したのか、現在ベストセラー中の小説「海辺のカフカ」の舞台まで高松にしてしまった。その理由は「ただ高松が好きだから」と何だか謎めいているが、とにかく売れている。一昨年の超ベストセラー「バトルロワイアル」も高松市沖の島が舞台である。作者の高見広春さんは地元在住の人。こちらは100万部も売れた。高松を舞台にすればベストセラーになるというジンクスは讃岐うどんほどには認知されていない。

 香川の謎はほかにもあるが、当面の新たな謎は盆栽である。これもあまり知られていないが、香川は日本文化を代表する「松盆栽」の最大の産地である。一体なぜ香川が盆栽の大産地になったかについては後述するが、フランス文学研究の第一人者で名著「盆栽発見」を発表した評論家の栗田勇さんは、数年前にその産地・鬼無を探訪して、「ダイヤモンドの原石がごろごろ」と驚きを記している。さぬき盆栽美術館構想はその原石を磨き上げ、世界を相手に現在の10倍に当たる100億円産業に育てようという構想である。

 目立たないのも戦略

 その驚くべきダイヤモンドの原石畑は、高松市郊外の鬼無町から隣りの綾歌郡国分寺町にいたる旧国道ぞいの数キロにわたってずらりと並んでいる。全体面積は12ヘクタール、本数では1000万本は下らないともいう。樹高はどれも1メートルにも満たないから目立たないが、最近の若木から先々代の盆栽園の園主が植え込んだ100年近い古木まで、あらゆる年代の盆栽素材が植え込まれている。

 盆栽園の園主に畑を案内してもらうと、「あっ、そっちは気をつけてください。枝を折ったら大変」と注意されるのは明治後期から大正にかけて植え込まれた名品ぞろいの畑。いずれも時価で40万円は下らないものがまさにごろごろ並んでいる。1平方メートルに1本なら100平方メートルで4000万円。「ただし売れればの話」と笑い飛ばされたが、この素材木を首都圏の盆栽業者が買い取り、高価な盆に上げて、形を整え、10年も寝かせれば500万円の名品になることもある。

 園主は再び「それも売れればの話。今は大変」と笑うが、栽匠(一流の盆栽師をそう呼ぶ)の技術で、いわゆる「国風クラス」に仕上がれば、決して夢ではない。10年で10倍なら大変立派な投資だが、なぜか鬼無・国分寺地区に軒を並べる200軒以上の盆栽業者は高価な最終製品の販売にはあまり挑戦しようとしない。あくまで中間素材と10万円単位の比較的廉価品の販売が中心。年間の出荷数は約16万鉢。実はこの「目立たない戦略」こそ香川の真骨頂である。

 100年後への投資

 前出の「国風クラス」という表現は日本の盆栽界の最高峰を集めて、毎年2月に東京・上野の国立美術館で開く展覧会「国風展」の名前から来ている。バブルの時期、そこに並ぶ作品には億単位の価格さえつけられたが、今ではそうした名品中の名品も暴落という現状で、そのあおりを受けて有名盆栽園が顔をそろえた埼玉県大宮の盆栽村にも一時の隆盛ぶりは見られないという。

 しかし香川の業者の多くはリスクを好まず、素材生産に徹して生き残ってきた。盆栽が売れなくなれば、兼業農家でゆったりと時代の元気が回復するのを待てばいい。待っている間に素材は時を重ね、結果として売値も上がる。彼らが先祖代々、100年をかけて育ててきた宝の畑に追いつく者はどこにもいない。なにしろ収穫は50年先という気の長すぎる投資なのだ。

 祖父が植えた木を売って、空いた場所に苗木を植え、また百年を待つというのは数百ヘクタールの山を連ねる山林王のような話である。それと同じことをわずか3反(1000坪)で行っているわけで、畑一枚が山一つという雰囲気だ。さすがに不況が10年も続けば、貴重な畑を転売する人も現れるが、目を海外に向ければ盆栽生産発展の可能性はまだまだある。あるどころか、今世界のエスタブリッシュの間ではBonsaiがブームなのである。

 盆栽はBonsaiになる

 最近の外信報道によれば、パリ、ロンドン、ニューヨークの大手デパートには必ずBonsai売り場があるそうだ。中心は小品盆栽から中品で値段は日本の10倍。かつて盆栽はドワーフド・ツリー(dwarfed tree)つまり「いじけた植物」と侮蔑的に紹介された時代があったが、日本文化への理解が進むなか、「一つの樹木を数百年にわたって世話し続ける」思想への共鳴、さらに明治期に確立された近代盆栽が表現する「幽玄」への憧れ、そしてそれを支える精緻な栽培技術への評価はますます高まっている。

 たとえば1976年の米国建国200年祭にあたっては、米国からの特段の要望によって日本の大型盆栽が多数、日本から贈られ、米国は国立植物園に大規模な盆栽園を新設して受け入れたこともその証明だろう。それから10年ほど後、日本を訪れた当時のクリントン大統領が首脳会談そっちのけで盆栽に興味を示し、政府の特段のはからいで植物検疫を通過した名品数点が贈られた話も盆栽界ではよく知られている。

 こうしたブームを受けて鬼無・国分寺地区には世界各国から盆栽技術の修得を目指す留学生が毎年のように訪れている。米国、ドイツ、ブラジルなど過去30年間に香川で盆栽栽培の基礎を学んだ外国人は数え切れない。またヨーロッパなどから本物を見たいと訪れる愛好者の産地見学ツアーも、その需要と関心の高さを示している。植物検疫の壁さえクリアできれば大型盆栽を輸出の夢が広がる。

 ビル屋上を盆栽で緑化

 香川の盆栽界は世界の注目を集めるだけの素材と技術を持っているが、その資産を生かし切っているとはとても言えない。NPO法人ACTが打ち出した屋上盆栽美術館構想は盆栽界が抱えるさまざまな問題を官民共同で洗い出し、解決していくためのパイオニア・プロジェクトである。

 美術館の建設場所は政府の中心市街地活性化対策の先兵として注目を集めている高松市丸亀町商店街の再開発ビル。この再開発は平成18年を目標に進行しているG街区を手始めにA~Jまで合計7つの街区を10数年をかけて建設するもので、それぞれの街区ビルの屋上やテラス部分を盆栽美術館にして屋上緑化にも役立てる構想だ。実現すれば日本最初の、そして増殖する屋上盆栽美術館になる。

 ACTは構想に当たって生産から販売、鑑賞にいたるまでの全体システムを官民共同でコントロールするシステムを提案し、盆栽芸術の最高レベル作品を常に展示するとともに、関連商品を扱う販売センター、技術研修センター、盆栽教室などを含めた盆栽産業のピラミッドづくりを提言している。美術館には専門の学芸員をおき、貴重な盆栽資料を一堂に集める日本初の盆栽図書館や鑑賞しながらお茶を楽しむBonsaiカフェを併設。若者の人気を集める小品Pop盆栽にも講座を用意する。

 名品眠る宝の畑

 ところで、なぜ香川で100年も前に盆栽栽培が始まったのだろう。ここにも讃岐うどんを育てた特殊な風土が反映している。日本一県土が狭く、人口が多く、山が少ないという香川は四国の残り3県とはまったく風土が違う。平野ばかりで風水害もない香川は古代から日本有数の人口稠密地だった。そのため江戸期には山という山に人手が入り、落ち葉まで燃料化された山は肥料分を失い、パイロットプラントの松ばかり生き残ったと林学専門家は分析する。養分の少ない山地で育った小さく頑丈な松はまさに盆栽向きだった。

 讃岐人がそれを山採りして、金毘羅参詣客に売り始めたのは園芸ブームに沸いた江戸後期。その後、維新の志士たちによる簡雅な盆栽ブームが始まるとそれも取り尽くされ、それならと自家栽培が始まった。直幹、双幹、模様木、斜幹、株立ち、懸崖、吹流し、根上がり、石付き、根連なり、そして文人。畑には古来の名品がまだたくさん眠っている。「一芽一万」で大騒ぎする都会の盆栽ファンがこの畑を目の当りにすると、目眩さえ感じるらしい。目立たない戦略で生き延びてきた香川の盆栽が「讃岐」を名乗って世界を目指せるのかどうか、今後が楽しみだ。(NPO法アーツカウンル高松・副理事長)

 明石さんにメールは mailto:akashi@shikoku-np.co.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1009

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2003年5月17日 18:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成長促す全米シンクタンク他流試合の旅」です。

次のブログ記事は「台湾のWHOオブザーバー参加申請却下について思う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ