2002年6月アーカイブ

2002年06月24日(月)萬晩報主宰 伴 武澄


 5月末、パラオ南方のウルクタープルの島影に父の遺骨の一部を散骨してきた。パラオの松島ともいえそうなセブンティ・アイランドと日本人が「くじら島」と名付けた小島を望む海域である。

 言葉で表現できないほどの美しい島々の世界は若き一海軍士官の思い出の地であり、苦楽を共にした同僚たちの眠る海でもあった。

 父は第二次大戦を「過ぐる戦」と表現していた。世界最強の国家にアジア人が挑んだ唯一の戦争に対する自負があり、「侵略」とか「解放」だとかいった言葉 で単純に言い表せない重い意味が父の体の中にあった。さむらいの子孫として、国家のために死ぬことに疑問はなかった。むしろ、そうした行為に崇高な意味が あった。そんな時代に青春を過ごし、戦の後に次々と「思想転向」する時代に人生の過半を過ごした。

 昨年5月に父が死んでから書棚から見つけたのは南太平洋に関する数冊の本であった。パラオの話が父の口から出るごとに「お父さん、一緒に行きましょうよ」と何回か言ったことがある。その都度、返ってくるのは「まあやめておこう」。そんな意味の言葉だった。

 父がパラオ行きを逡巡した理由は分からない。「飛行機の中から真っ青な南の海を見下ろすとその海に吸い込まれそうな気持ちになる」ということをよく話し ていた。父の心の中には死んでいった「英霊」たちへの思いがずっとあった。戦争体験のない者には触れることのできない感情なのだろうが、たぶん生き残った 者としてその英霊たちに出会った時に返す鎮魂の言葉がなかったのだろう。

 父がパラオに滞在したのは1944年2月から3月である。前の年の11月、日本の支配化にあった東の端のギルバート諸島のマキン、タワラがアメリカ軍に 占領され、続いて2月、トラック諸島の守備隊が潰滅した。アメリカ軍の本格反攻が始まった時期である。連合艦隊の旗艦「愛宕」に搭乗していた。

 思い出の記である「パラオ恋しや」に当時のパラオについて書いている。

「司令長官(後の"栗田艦隊"の栗田中将)が昼食の箸をとると、軍楽隊の演奏が始まるのです。勇ましい軍歌ではありません、荘重なクラシックなのです。マ キン、タワラが玉砕し、トラックがあれほどの打撃を受ける状況下に、海軍では第二艦隊の旗艦愛宕にまだ軍楽隊を乗せていたのです。毎日のように軍楽隊の演 奏のもとで食事をとる風景、みなさん想像ができますか。私のように音楽の素養のないものでも優雅な気分にだけはなったものですよ。在りし日の海軍、その威 容を語る懐かしの風景でありました」

 大方の戦記と違って、父の描く当時の連合艦隊にはまだ「余裕」があった。こんなことも書き遺している。

「休みの日がこれまた傑作、パラオで一番大きいコロール島の山登りが楽しみでした。余分におにぎりを作ってもらって、"お腰にさげて"という気分で出かける。パラオの子供たちがぞろぞろついてくる。まるでパイド・パイパー、日本流だと桃太郎の絵図です」

 戦争というものは毎日、ドンパチしているのではない。

「やがて太平洋戦争の天王山、空前絶後の大海戦の舞台になる海域にありながら、私はいかにも平和なパラオの雰囲気の中で、副官事務と庶務主任の仕事に精出 していたのであります。戦争というのは、戦国時代にあっても大名たちが毎日戦闘していたわけではないんすね。インターバルがある。その間に何年もの「平和 の時」が入っていることさえ珍しくはなかったはずです」

「日本の歴史でも世界の歴史でも、小説家が描くものに影響され、戦争と言えば戦いの連続のように思いがちですが、現実の戦争はそういうものではありますま い。国民全部が戦争をひしひしと身近に感じた大東亜戦争末期の主要都市無差別爆撃は、半年近く切れ目無く続きましたが、あれはもう、勝負が決まって止めを 刺す行動の時期だったと見るべきではないでしょうか」

 父が実戦を体験するのはその3カ月後の6月の「マリアナ沖海戦」である。帝国海軍の機動部隊が数時間で完膚なきまでにたたきつぶされた海戦である。本土 への空爆を可能にするマリアナ諸島のサイパンがアメリカの手に渡り、9月にはパラオのペリュリュー島への攻撃が始まり、守備隊1万2000人が玉砕する。

 父親への鎮魂の旅の結論はない。南国の楽園で夢想するのは「戦闘の凄まじさ」であるが、一方で「武の喪失」についても考えざるを得なかった。(続く)

1999年03月27日 パラオ恋しや-戦陣に在った私の青春(その3)
1999年03月25日 パラオ恋しや-戦陣に在った私の青春(その2)
1999年03月24日 パラオ恋しや-戦陣に在った私の青春(その1)
2002年06月14日(金)萬晩報主宰 伴 武澄


 商店街が廃れ始めて久しい。地方都市では歯が欠けるように商店街から店がなくなっている。店が減るから客が来なくなり商店街の灯りはますます暗くなる。 「商店街のデフレ現象」はいまに始まったことではないが、店主が亡くなり後継者がいないと店をたたまざるを得なくなるのは仕方がないことなのだろうか。

 店主がいなくなった店の多くはシャッターが閉まったままである。買い手がいそうなものだが、どうやら新たに商売を始めるにはまだ地価が高すぎる。一方、 店主の子どもたちの多くはサラリーマンの道を選んでとうの昔に町を去っている。彼らはバブルで高値を知ってしまったから、現在の高すぎる地価を「安すぎ る」と感じ、売り急ぐ様子がない。

 商店街はそれぞれの店が繁盛していてこそ価値があったのだが、歯抜けの商店街では地価も下がる一方だ。それでも現在の地価では小規模の店舗経営ではコス トが合わないから、買い手も出てこない。そうこうしているうちに地価と商店街の価値がそれぞれスパイラル状に下落してもはや誰も見向きもしない廃墟とな る。

 商店街のことを考えている。かつて商店街は近くにスーパーが誕生するのを嫌がった。嫌がって政治に働きかけて、大規模店舗規制法が生まれた。大店法は スーパーの出店に際して店舗面積を減らさせたり、営業時間を短くさせようとした。その結果、大店法に抵触しないコンビニなどという町並みの風情を壊す業態 が栄える土壌を生み出した。

 コンビニの多くは元は酒屋である。コンビニとは名ばかりでほとんど弁当屋である。飲み物や雑誌類も売れていて、中高生の貯まり場と化し、小型ペットボトルとプラスチック容器の廃棄の元凶となっている。

 業態が変わるのは時代の流れなのかもしれないが、困ったのは商店街を仕切る人がいなくなったことである。酒屋の多くは商店街の顔役だった。かつて酒とたばことコメの販売は許認可制だったため、町内でも信用ある人物であるということになっていた。つまり酒屋は商店街の仕切り役だったのだ。

 酒屋の衰退でもっと困るのは配達という習慣がなくなったことでもある。かつて酒屋と米屋は配達が当たり前だった。自動車もバイクもなかった時代だから自 転車配達が相場だった。ご用聞きというのがいて、午前中に住宅街を回って午後には商品を配達した。朝夕は豆腐屋が笛を吹いてやってきたし、クリーニング屋 はでっかい布製の配達袋を荷台にのせて重そうだったのを記憶している。

 配達人の多くは若い丁稚たちだったが、この人たちの多くは町内の目や耳の役割を果たしていた。配達先の家族構成はもちろん町内の出来事やうわさ話も耳に したに違いない。いまでいう情報ネットワークの端末の役割を果たしていたといっても過言でない。今流にいえば、家庭内の情報が漏れるのは必ずしもいいこと でないのかもしれないが、熊さん八さん的にいえば、信頼醸成のために一役買っていたことになる

 さて話を自身に戻すと、筆者は1985年に東京に出てきて、鷺沼や新百合ヶ丘という郊外の新興住宅街にずっと住んでいた。駅前にスーパーはあっても普通 の小売店はほとんどない。だから商店街とは長い間、縁のない生活を余儀なくされていた。1997年に京都に移り住んだ時は角を曲がると大宮商店街という商 店街があって便利な思いをした。5分も歩けば日常の品物はほとんど揃う。

 店の人の顔もほとんど覚えた。子どもたちに「醤油を買ってこい」だの「もやしを買ってこい」だの言えたから子どもたちも「おつかい」の習慣を身につけ た。スーパーではこうはいかない。かわいそうに新興住宅街の多くの子どもたちは「おつかい」という習性を身につけないまま大人になることになる。

 東京に戻るとまたスーパーにお世話になる生活となった。大宮商店街がよけいに恋しくなり「商店街があってこその住宅街だ」と考えるようになった。日本の 住宅の多くはアメリカのように食料や日用品を買いだめできるように大きな収納スペースや大きな冷凍庫はないし、そもそも自転車での買い物では買える量にも 限度がある。

 だから主婦は毎日のように買い物に出掛け、スーパー自身が大量購入という本来の目的を果たしていない。日本の食卓がバラエティーに富んでいるという理由 もあって、多品種少量の買い物癖はスーパーが出現してこのかた一向に変わっていない。スーパーによる「価格破壊」も過去の物語となってしまい、もはやスー パーの存在意義はない。そうなると充実している商店街が近くにあれば、スーパーのメリットは買い物時に雨に濡れない程度でしかないことが分かる。

 ここ十年、郊外型の大型スーパーの出店が相次いでいるが、周辺道路は車の大渋滞を起こし、買い物はますます不便になっている。商店街が廃れ、駅前の小型スーパーが衰退し、郊外の大型スーパーも買い物客にとって不便となる。これでは三方損である。

 町はみんなのものである。便利な商店街が歩いていける範囲にあり、きれいな町並みがあれば、町の価値が高まるというものだ。商店街が衰退すると町全体が沈滞するのだ。

 少々乱暴な議論だが、後継者がいなくなった商店街の店舗は行政が強制収用して、競売にかけるぐらいの荒療治が必要なのかもしれない。スーパーやコンビニ が悪いといいたいのではない。日本の主婦の生活習慣と道路事情の悪さを勘案すると町並みにどうしても商店街の復活が不可欠なのである。
2002年06月07日(金)萬晩報主宰 伴 武澄


 少年のころ、切手収集が趣味だった。前島密が日本の郵便の生みの親だったことは学校で習う前から知っていた。西洋の仕組みを多く取り入れた明治政府の中 で前島密が特別の存在だったのは、列島あまねく津々浦々まで手紙を配達する仕組みをつくったのだから大変な仕事だったのだろうという思いが子ども心にも あったからだった。

 司馬遼太郎の「この国のかたち」に郵便の黎明期の話が出ていることを思い出して最近読み直した。何のことはない。庄屋をなだめすかして郵便局になってもらったのが巨大組織の始まりだったのである。


明 治政府は、維新後わずか4年で、手品のようにあざやかに制度を展開した。手品のたねは、全国の村々の名主(庄屋)のしかるべき者に特定郵便局(当時は、郵 便取扱所)をやらせたことによる。むろん、官設の郵便取扱所(のちの一等・二等郵便局)は、東京・大阪を手はじめとしてつくったが、面としての機能は、津 々浦々の「名主郵便局」が担った。

建物は、名主(庄屋)屋敷の一隅をつかうだけで十分だった。「駅逓頭」という職にあった前島密は、旧名主(庄屋)に郵便をあつかう気にならせる上で、かれ らの名誉心を十分に刺激した。まず、郵便事務が公務であることを説いた。ついで、局長は官吏に準ずるという礼遇をした。

さらには、身分は旧幕府のご家人なみの判任官とした(のち、年功の大きな者の場合、高等官にのぼる例もあった)。また、旧幕府時代の名主(庄屋)がそうで あったように、わずかながら手当がつけられたことも、かれらを満足させた。むかしの士分の禄が米だったということを重んじ、金銭で給与せず、わざわざ玄米 一日五合にするほどの細心な配慮をした。

かれらはいよいよ満足した。当然ながらこれによって、郵便事業に参加した旧名主(庄屋)層は、新政府からもそれにふさわしい礼遇をうけたとして、犠牲を覚 悟して参加した。名主(庄屋)というのは、江戸期でもっとも公共精神のつよかった層なのである。
  江戸時代に飛脚という世界にもまれな「郵便制度」があった。藩という半ば独立王国の連合体だった日本という国の中で「国境」を越えて配達された。飛脚制度 が郵便事業という近代制度に代わった時、今でいうボランティア的意識で庄屋が官吏に登用されたのだった。明治時代の日本の郵便屋さんのすごさについては 2001年12月10日号「チェチェン人が絶賛した明治のポストマン」で書いた。郵便事業がまさに「公共の福祉」だった時代である。

 この登用された庄屋は三等郵便局と呼ばれたが、戦後になって「特定郵便局」と名称が代わる。郵便法には「公共の福祉」という文言は残るが、やがて地方の自民党の集票マシンや利権組織に変貌するのだからどうも悩ましい。

 郵政事業の民間参入について、「ヤマト宅急便」の生みの親である小倉昌男さんが月刊現代7月号に「本気で郵便事業の民間参入を実現させるならことは単純 明快です。郵便法5条を撤廃すればよいのです。これだけで明日からでも民間参入は実現します」と書いている。

 目からうろことはこのことだ。日本の悪いくせは、リストラだとか規制緩和を行う時に現在ある制度を廃止せずその上に新たな決まりをつくることである。古 い温泉宿のように継ぎ足しで大きくなった建物は新館といえども旧館の延長でしかない。古い土台の上に家屋を建てても古い家の枠組をひきずるだけ。真新しい 家を建てるには土台から壊すことが肝要なのだ。


【郵便法】
第2条 郵便は、国の行う事業
第5条 何人も、郵便の業務を業とし、又、国の行う郵便の業務に従事する場合を除いて、郵便の業務に従事してはならない。ただし、総務大臣が、法律の定めるところに従い、契約により総務省のため郵便の業務の一部を行わせることを妨げない。
2 何人も、他人の信書の送達を業としてはならない。2以上の人又は法人に雇用され、これらの人又は法人の信書の送達を継続して行う者は、他人の信書の送達を業とする者とみなす。
3 運送営業者、その代表者又はその代理人その他の従業者は、その運送方法により他人のために信書の送達をしてはならない。但し、貨物に添附する無封の添状又は送状は、この限りでない。
4 何人も、第2項の規定に違反して信書の送達を業とする者に信書の送達を委託し、又は前項に掲げる者に信書の送達を委託してはならない

このアーカイブについて

このページには、2002年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年5月です。

次のアーカイブは2002年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ