2001年8月アーカイブ

2001年08月27日(月)萬晩報主宰 伴 武澄

 チャンドラ・ボースの56回目の慰霊祭が8月18日、東京都杉並区の蓮光寺で行われた。今年は参拝者が例年になく多かった。特にインド人が多かった。理由はよく分からないが、若い女性ジャーナリストと京大のインド人留学生と親しくなった。

 このインド人青年は「本業は漁業だが、ボースの遺骨返還が来日の一番の目的だ」と言った。またこのジャーナリストによると、インドではボースの死をめぐる第3回目の政府調査団が結成され、ロンドンを皮切りに改めて調査が始まるのだとという。

 多くの日本人はボースは終戦の3日後、台北市の空港で航空機事故のために死去したものだと信じている。しかしインドでは死後55年を経た今でもボースの死は確定した史実ではない。

 インドの有力紙であるヒンドゥスタンタイムズ紙は、インターネット上で「チャンドラ・ボースの謎」(The enigma of Subhas Chandra bose)と題したボースの大特集を展開。この中でボースの死について読者から幅広く意見を募集し、驚いたことに「今の時点でボースが台北の航空機事故で 死去したと判断するのは正しいことではない」と結論付けた。

 ボースは1897年1月23日ベンガルに生まれたから、生きていれば104歳ということになる。この特集ではボースの生い立ちからインド国民会議派時代、欧州亡命時代、インド国民軍を率いて日本軍とビルマ国境で戦った時代をそれぞれ克明に解説している。

 しかしその死については「日本は航空機事故で嘘をついたのか」「英国では1946年になってもボースは死んでいなかった」「CIAが64年までボースの 跡を追った」「スターリンの庇護下にあったボース」など反論すべきレポートも数多く掲載。日本では知られていない8月18日以降のボースの「消息」につい ても詳しく伝えている。

 インドでのボース熱は完全に冷めてしまっているのかと思っていた筆者にとって、インドの有力紙がここまでボース熱を復活させる意図は何なのか興味があるところである。

 ●インド栄光の象徴と命名されたボースの軍刀

 ボース慰霊祭の後、帰宅してからいつもの年のようにボース関連の書籍を読み返した。インド国民軍の創設者の一人である故藤原岩一氏が最後にまとめた「留 魂録」(1986年、振学出版)という分厚い回顧録を拾い読みしながら、「ボースの軍刀返還物語」という興味ある文章に突き当たった。この物語を要約しし ながら今年もボースを回顧したい。

 ボースの遺刀が東京銀座の東洋美術館社に持ち込まれたのは、死後22年も経った1966年の秋だった。持ち込まれた経緯については一切触れていないが、 この軍刀はボースがインド国民軍の総帥に推され、自由インド仮政府の主席に就任、米英に対して宣戦布告をしたことに感動した福岡市の刀匠磯野七平氏がイン ド独立を祈念してしつらえたものだった。

 ボースの遺品の出現を知った当時の駐日インド大使は喜び早速本国に照会し、ガンジー首相は直ちにインド政府としてカルカッタのネタージ記念館へ永久保存 することを決めた。翌67年2月17日、駐日インド大使館で行われた軍刀返還式はマスコミを通じてインドはもとよりマレーシアなど東南アジアでも大々的に 報道されたという。

 ネタージ記念館への奉納式典は3月19日に行われたが、式典に日本を代表して参加した藤原岩一氏は国賓待遇でカルカッタに迎えられた。会場にはベンガル 州総督以下千数百人が埋め尽くし、ナイデュ総督は「日本がインド独立獲得の闘争過程において与えてくれた偉大なる貢献と賜物に対するわれわれの深甚なる感 謝を日本国民に伝えてほしい」と挨拶。周辺の道路やビル屋上には一般市民が溢れ、「ジンダバー、ネタージ」(ネタージ万歳)を絶叫したという。

 この軍刀ははさらにその年の12月17日、デリーで大統領、ガンジー首相以下インド政府の全閣僚、全国会議員に迎えられ、ボースが「チェロ・デリー」の 雄叫びとともにインド解放の最終目標としたレッド・フォートに入城し、ボースに代わって最高の栄誉を勝ち取った。ボースの軍刀はこの日「インド栄光の象 徴」と命名され、「日印友好の象徴」としてネタージ記念館にいまも保存される。

 いまもなおインドを熱狂させるボースの存在について改めて考えさせられる日々だ。

 HindustanTimesのThe enigma of Subhas Chandra Base
 http://www.hindustantimes.com/nonfram/netaji/netaji.asp

2001年08月18日(土)萬晩報主宰 伴 武澄

 きのう17日はインドネシアの独立(Merdeka)記念日だった。56年前の1945年、日本が連合国側に無条件降伏した2日後。スカルノとハッダが ジャカルタでインドネシアの独立宣言を読み上げたその日である。翌日、スカルノが初代大統領に就任して、あらかじめ準備してあったイスラム信仰と民族主義 など建国5原則を掲げた憲法を発布した。

 ●新たな戦いの始まりだった8月15日

 しかし本当の独立を勝ち取るには4年におよぶオランダとの戦いが必要だった。1949年12月のハーグ協定でオランダがようやく「インドネシア連邦共和 国」を承認するまで、インドネシアでは「内乱=独立戦争」が続いた。旧宗主国を相手に長期間にわたり血を流したのはインドネシアとベトナムだけだろう。

 スカルノは翌1950年、新たに憲法を制定し、オランダが承認した「連邦」を破棄。1959年には大統領権限の強い45年憲法を復活させた。不思議なこ とに1945年の宣言文にはスカルノとハッダの署名とともに17-8-05の日時が刻まれていた。軍政下のジャワで使われていた日本の紀元2605年がそ のままインドネシア独立宣言に盛り込まれたのである。

 第二次大戦が始まる前、ジャワを中心にスマトラからカリマンタン、イリアンジャヤまでの広範な島嶼部は蘭領インドと呼ばれていた。ナポレオン戦争後の 1825年の英蘭協定で現在のマレーシア(シンガポールを含む)との間に国境線が引かれ、そのままオランダの統治が続いていた地域だった。

 日本の敗戦後、その蘭領インドは旧宗主国のオランダに引き渡されることになっていた。連合国側で旧植民地を放棄しようと考えた国は一つもなかったから当然である。連合国側ではなかったポルトガルもまた東チモールの領有権を回復したのである。

 小泉首相は終戦の日に当たって、過去の戦争に対して「我が国はとりわけアジアの近隣諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」と陳謝し、マスコミはこぞって「我が国が」と損害を与えた「主体」を明確にしたと論評した。筆者も小泉首相の終戦の日の言葉を評価したい。

 しかし、日本が戦争を止めたことによってアジアに平和が回復したわけではない。中国と朝鮮半島では内戦が始まり、それ以外のアジアでは日本に代わってかつての支配者が植民地支配を復活させた。インドネシアにとっては独立に向けた本格的な「戦争」の始まりだった。

 「いい戦争」と「悪い戦争」があるのかどうかは知らないが、スカルノらが1945年に独立戦争を始めなければ、その後インドネシアという国家の枠組みが 生まれたかどうか分からない。事実、蘭領インドに含まれていたイリアンジャヤ(西部ニューギニア)はハーグ協定後も引き続きオランダの統治が続き、東チ モールはポルトガル領だったという理由だけでついにインドネシアに戻らなかった。

 ●戦争にあったもう一つの側面

 4月の「MERDEKA」という日本映画をみた。日本が蘭領インドに進攻後、日本陸軍はジャワ防衛義勇軍(PTA)を設立した。インドネシアにとって初 めての軍事組織で、日本の敗戦後はそのPTAが独立戦争の中核を担った。独立の戦士たちを育てた若き日本人将校の多くがそのインドネシア独立軍に加わって 苦悩する物語である。

 映画と併せて、スカルノの独立宣言の草案作業にも加わったという西嶋重忠氏が書いた「証言 インドネシア独立革命」(1975年、新人物往来社)と田中正明著「アジア独立への道」(1991年、展転社)を読み返し、戦争が持っていたもうひとつの側面を回顧した。

 結論めいたことは言えないが、少なくとも戦争=悪という歴史認識に立ってしまうと人類の歴史はすべて否定されなくてはならなくなるとの思いに浸っている。

2001年08月16日(木)メディアケーション 平岩 優

 昨年、友人である画家が個展を開いた。大きなキャンバスの黒地の上に鮮やかなエメラルドグリーンの絵の具をこすり付けた連作は、黒い地の部分が闇のような奥行きを感じさせ、身体がその闇の中に滲んでいくような心地がした。

 友人は「IT、ITと言われるほどに、絵画の前に身を置くという一度だけの体験がますます貴重になる」と胸を張っていたが、私も同感だった。絵画の前に 立つことで、絵画とそれを見ている自分との間に往復運動があり、そこに濃密な時間が流れ、忙しい日常生活では感じとれない、自分が生きていることのリアリ ティのようなものに触れることができる。

 それはモニターの映像やメールのやり取りとも違うし、大画面の映像が包み込むようなテーマパークのアトラクションとも違う。自分と外界のものが浸透しあうような経験であり、そこから自分やものの実在の感触のようなものが残る。

 IT――情報通信の進歩だけではなく、飛行機や新幹線、高速道路など移動手段が発達したことで、私たちが確実に失っているものがあるような気がする。体 験というか、身体に刻みつけられるような外界との接触、経験である。高速道に乗れば、外の風景の変化を感じることなく目的地に着く。飛行機にしろ、まさに プロセスのない、点から点への移動である。外国に出張したビジネスマンは着いた空港からタクシーに飛び乗って、ビジネス街のオフィスに直行し、仕事が終わ れば同じコースを辿って帰国する。ほとんどバーチャル体験と言ってよいだろう。そして、経験が薄まれば、その分、自分の存在も希薄になる。自分が希薄にな れば、たぶん自分以外の他人の存在も、きっと希薄になるに違いない。

 江戸を舞台にした藤沢周平や池波正太郎の時代小説を読むときに、よく江戸時代の地図をひろげる。小説では、非常に正確に当時の地形や街並みが再現されて いることに感心するが、小説の登場人物たちがよく歩くことにも驚かされる。昔は人生50年などと言ったが、今のわれわれの50年など、昔の人の生きた50 年の密度に比べたら、すかすかのような気がする。

 森まゆみ氏の『一葉の四季』(岩波新書)によると、樋口一葉は生涯、浅草・本郷界隈から外にでることはなかったという。たった1度、日帰りで隣の埼玉県 の大宮に出かけたことが例外だ。一葉だけではなく、太平洋戦争前には、そんな人も珍しくなかったのだろう。ついこのあいだまで、本郷に住んでいて上野の山 の向こうに行ったことがない人もいたようだ。

 しかし、樋口一葉の『たけくらべ』、『十三夜』などを読めば、狭い土地での24年という短い生涯であっても、現実に直面し経験を刻みながら、自分の生の佇まいや暮らしの立ち行きをきちっと捉えていたことがわかる。本来、情報とはそのためのものではないか。

 何もITの進歩が悪いわけでも、情報機器がない方がいいと言いたいわけではない。先端的な学問もビジネスも、われわれの暮らしも最早、情報機器なしには 成り立たない。先日、ニュートリノに質量があることを発見し世界的に注目を浴びているカミオカンデプロジェクトの梶田隆章教授(東京大学宇宙線研究所)に お話をうかがった。が、カミオカンデという飛騨の鉱山の地下にある観測装置には、100台のユニックスのワークステーションがつながれている。観測装置で ある水槽に、ニュートリノは1日10個ぐらいしか飛び込んでこないが、ミューオンという宇宙線がたくさん降ってくる。このミューオンのデータが将来、役に 立つかもしれないという仮定にたち、毎日CDに換算すると3万枚分ぐらい記録されているという。今や、先端科学の分野などでは、こうした情報機器の利用は 当たり前であり、また、そうした地盤のうえで大きな発見がなされている。

 しかし、それでも情報機器はあくまでも道具でしかない。ところが、その情報機器を通して送られる情報を消費するうちに――いつのまにか、情報も消費されるようになった――情報に繰られて、われわれの生が変容してはいないだろうか。

 たしか子供たちの欲しい物の1位が自分専用の電話になったのが、80年代だった。親が30年ローンで購入した住宅には、子供部屋も確保された。その部屋 にはAV機器が並び、まるでコックピットのようだった。親たちからは「今の子は学校では友達としゃべらないで、家に帰ってきてから電話で友達と話をしてい る」という声が聞こえた。

 大学生になれば車を持つことが当たり前のようにもいわれた。車がなければガールフレンドができないというのだ。2人の世界から外界は閉め出された。

 そして、いま、電車の中でもどこでも、他人の存在など気付かないかのように、一心不乱にメールの文章を打ち込む姿が目に付く。単に遊びなのだろうが、渋谷で50メートルくらいしか離れていないのに、携帯電話でやり取りしている若者たちの姿がひどく空しく見えた。

 先日、大先輩のジャーナリストと久しぶりにお会いした。ヨーロッパや沖縄などに滞在して記事を書いた経験を持ち、いまは都市論の執筆の準備をしていると いう。その先輩が近ごろのメディアを「パソコンの前に座って、インターネットを使って書いたのか、あるいはその程度のレベルの記事ばかりだね」と評した。 そういえば、たまに見るテレビのニュースも、何の意味もない映像を垂れ流し、何の情報も得られないようなナレーションがそれに被せられているようなものが 多いのではないか。

 10年ほど前、居酒屋でシルクロードを旅してきたという、60年輩の未知の画家と、偶然隣あわせになったことがある。彼がいちばん印象に残ったのは「砂 漠の中に散らばっていた都市の廃墟」だという。「情報というのは怖ろしいいものですね。情報が伝わることでそれらの都市は騎馬民族に滅ぼされた」と。

 IT化といわれる現在だからこそ、情報とは何かをもう一度考えようと自戒を込めて思う。

 平岩さんにメールは mailto:yuh@lares.dti.ne.jp

2001年08月11日(土)萬晩報主宰 伴 武澄

 ことしも「よさこい祭り」を見に帰省、一昨夜から始まった「よさこい踊り」に浮かれている。「よさこい踊り」は一時、サンバとロック調に席巻されたが、いまや沖縄や中国などアジア色を年々強め、一方で正調「よさこい踊り」も復調しつつある。

 人口30万人の高知市に153チーム、1万7000人の踊り子が繰り出す様はもはや「ストリートディスコ」である。もちろん日本全国から踊り子隊はやっ て来るが、市民の20人に1人が朝から晩まで踊っている姿を想像してほしい。これが一つの音楽で乱舞すれば狂気だが、150通りの衣装と音楽と振り付けが 乱舞するからパワフルだ。

 地元の高知放送は2日にわたり追手筋競演場でのよさこい踊りを生中継し、高知新聞はよさこい踊りを中心に紙面が作られる。観光客でも即席に参加できる「市民憲章」というチームは1000人内外の踊り子を集めた。ここ数日に高知市には景気も靖国もない。

 153の踊り子隊は高知城を中心に東西4キロに展開する10カ所の競演場では必ず踊らなければいけないが、日も暮れると大音響を発する「地方車」(じかたしゃ)を先頭に踊り子隊が繁華街に繰り出す。踊り子隊が最も自由に楽しく興奮する時だ。

 昭和29年に始まった「よさこい祭り」は徳島の「阿波踊り」をまねたものだった。商工会議所の観光部会の発案で、高知の著名な作曲家、武政英策氏に作曲 を依頼、日本舞踊五流派の師匠連によって踊りの原型が生まれた。カチャカチャ音の出る鳴子はもともとは野良でスズメ追いに使われた和風カスタネットであ る。鳴子を持ち、「ヨッチョレ、ヨッチョレ」の掛け声があれば、あとは自由自在。独自の振り付けと音楽、そして思い思いの衣装が新しい形の夏祭りを生み出 した。

 たまたま実家で「今日に生きる」という古い本を見つけた。前の高知商工会議所会頭の故西山利平氏が思い出をつづった本で、「副会頭時代の最も深い思い 出」として「よさこい祭り」の創設を挙げている。全国に知名度を高めるために「踊りを一つの型に統一すべきだ」という意見が出た時、西山氏らが「ヨッチョ レ、ヨッチョレの歌と鳴子のリズムの基本さえ守れば、踊りの振り付けが時代とともに変わるのは構わない」と各チームの自主性に任せる方針を決めたのだとい う。

 この時、よさこい踊りが一つの型にはまっていたら、札幌市での「よさこいソーラン」も生まれなかっただろうし、その後の全国数十カ所で始まった新しい「よさこい」は生まれなかっただろう。

 土佐は幕末に坂本竜馬ら多くの志士を生み、明治の自由民権運動を生み出した。戦後は高校野球や相撲で多くのスポーツマンを送り出した。最近では人材輩出 の面でほかの道府県に後れを取っている。よさこいパワーが単なる祭りに終わらずに人のネットワークを広げるパワーに育ってほしい。

 ことしのよさこいのハイライトは日韓学生チームの参加だった。高知女子大生70人と韓国湖南大生30人の合同チームは「教科書問題でも友情は全く動じていない」と若さあふれる踊りを披露して観客の声援を受けた。

 1999年08月02日 いま自在に進化を続ける高知のよさこい踊り

2001年08月02日(木)東西センター北東アジア経済フォーラム上級研究員 中野 有

 世界60億の人口の半分は、毎日1人当たり2ドル以下の生活を強いられている。アフリカやアジアの貧困地域で見たものは、水道や電気といったインフラの 基盤が整備されていない所でさえ、たくましく生活する住民の姿であった。もしこの地域に生まれたならば、教育の機会が与えられず、他の地域や世界を見るこ となしに一生を終え、貧困からの脱出は奇跡が起こらない限り不可能だろう。村落においては所得がいくら低くても農産物や自然の恵みのおかげで貧困の悲惨さ はそれほど感ぜられない。一方、中途半端な開発の犠牲になった都市部の貧民街の生活は惨憺たるものである。


 今年のG8サミットにおいて貧困撲滅についての議論がなされた。ブッシュ大統領がG8直前の世界銀行の会合で行った講演で、米国は貧困撲滅のた めの無償援助を大幅に増やすとの考えを表明した。このように米国がかってない程の寛大な開発援助政策を打ち出した背景には、ブッシュ政権のミサイル防衛構 想や世界の潮流に反する米国の地球環境問題への取り組みが影響している。換言すれば米国の孤立化を避けるために途上国への寛大な援助政策がとられたと推測 できる。


 慨すれば、ヨーロッパ型の援助は旧植民地との関連があり、米国の援助はイデオロギーとのつながりがあり、日本の援助は低利の融資によるインフラ 整備、並びに民間企業と結びついた援助という特徴がある。この様に援助の形態は多かれ少なかれ援助国の国益と関連しているが、特に冷戦後は地球環境問題、 人口問題など先進国と途上国の相互依存に関わる「地球益」のための援助が増えている。

 日本のODA(政府開発援助)の額は世界一である。世界一の借金政府日本のODAは、他の予算との横並びで約10%カットされるという。軍事力で世界の 安定と平和に貢献するとの考えがない日本は、ODAこそ日本外交の基軸である。金銭的貢献で湾岸戦争等の難局に対処してきた日本が、今後どのような「メリ ハリの利いたODA」、即ち「戦略的ODA」を有効に使うのか。

 日本のODAはあまりにも複雑で透明性に欠けているように思われる。日本の国益にとって重要な意味を持つODAに関して、もっと国民が身近に感じること ができるように簡潔に説明する必要があるのではないだろうか。加えて、被援助国の実施機関の理解のみならず、草の根レベルの人々にODAが浸透し、日本の 顔が見える援助が不可欠である。そのためにも、シンプルでかつ一般庶民が理解できる開発援助のあり方について考えなければいけない。

 歴史が示すように、世の中を動かす思想や政策には、「明確」「簡潔」「目的」の3点が備わっている。では、それをODAに適応すればどうなるのか。

 1.現場主義、住民参加型、草の根レベルで、しかも生活水準向上に重点をおいた開発援助を推進する。きめ細かな活動を効率的に行うためにNGOやNPOとの連携を重視する。

 2.「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教える」という持続可能な援助、即ち技術移転や人材育成に焦点をあてる。

 3.日本のODAが世界平和、地球益、紛争予防、途上国の発展に貢献しているとの明確な哲学を持つ。軍事でなく経済・文化交流に直結するODAを日本外交の要として、また日本の顔として示すことが重要である。

 日本は戦後の復興期に世界銀行の支援で名神高速や新幹線等のインフラ整備を行ってきた。豊かになった日本は途上国への支援を行い、日本のODAは、世界 一となった。不況が続く日本は、ODA内容の量から質への転換が問われている。日本が困った時には、他国の支援を受けることになろう。援助は「持ちつ持た れつ」で相互依存的である。やはり、ODAは保険のようなものであると同時に、日本の国益のみならず地球益のために不可欠であるだろう。

 中野さんにメールはmailto:a5719@n-koei.co.jp

このアーカイブについて

このページには、2001年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年7月です。

次のアーカイブは2001年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ