木を切る日本の人々

user-pic
0
2000年04月12日(水)萬晩報通信員 松島 弘


 雨風しのぐ

 曲がりくねり うねりうねる 道を登りつめれば
 新陳代謝で 汗がふきだす
 ひざが笑い つかの間の 木陰で腰おろす
 ふいに鳴き出した 蝉 かまびすし

 雨風しのげる家がある 山の上 山の上
 商いの荷物の舟を出す 川下る 川下る

 季節めぐる歌 歌え
 昔から変わらぬ歌 歌え
 「街路樹の剪定」と称して、あちこちで木の枝がバサバサ切られている。若い枝が葉っぱごと切り落とされ、枯れ木のようになる。切り口が角ばっているのでとても人工的だ。見ていると指をつめられたような気持ちになる。

 枯葉が道に散らばらないように、そして虫が発生しないようにやっているのだろう。だがはなはだ不快だ。そして痛々しい。

 私の友人たちはたいてい不快に思っている。と思ってたら、「切った方がいい」と思っている人もけっこういるのだ。私の父親もそう。「枝を切れば日当たりがよくなるし、枯葉も掃除しなくてすむ」と言う。

 我が家のとなりの畑では先日、所有者のおじいさんとおばあさんが畑を軽く耕した後に、まわりの背の低い松の木の枝を、さみしいくらい切り落として行ってしまった。松ぼっくりもたくさん落ちていた。

 ある程度の年齢以上の方たちは、木を切ることにあまり抵抗がないように思える。かつて、木はたくさんあっ たから、木が切り倒されることに「開発→発展」を感じるからなのだろうか。もしそうだとすれば、熱帯雨林の乱伐も、同様になされているのかもしれない。で もそれじゃ、まずいでしょ。

 逗子に住む友人が一時期、逗子の森を守る署名活動をしていた。しかし実際に森の中ほどに家を建てている人を訪ねると、署名を拒否された。「森の中は湿っぽくて、いろいろなものが腐りやすかったり、家が傷みやすかったりするから森は好きでない」のだそうだ。

 たしかに住んでみればそうなのでしょう。だから森がなくていい、というのはまずいでしょう。

 だいたいあまり枝を切りすぎると、木は本当に枯れ木になってしまう。地中から水分を吸い上げにくくなるか らだ。木が水分を吸い上げるシステムは、主に2つの現象によっていて、ひとつは浸透圧(※)で、もうひとつは葉の蒸散作用だ。蒸散作用は、葉の表面が水分 を蒸発させるシステムで、これにより水分を吸い上げる力を助けることになる。

 また、森の中などがすずしくてさわやかな感じがするのも、この蒸散作用のおかげであり、葉を渡る風が空気 を冷却するのだ。葉っぱごと枝を切り落とすと、蒸散作用がまったく行われなくなり、水分吸収力が鈍るのだ。余談だが、二酸化炭素を分解して酸素を吐き出す 光合成も行われなくなる。

 我が家のとなりの枝を切られた松は、枝の切り口をよく見てみると、一生懸命吸い上げた水で濡れていた。この水の行き場はない。そのうち切り口は枯れて、湿ることはなくなるだろう。こういうものを見るのが痛々しいのだ。

 細野晴臣氏は若い頃、「アスファルトの道の下に植物の種があったら、芽はどうなるのだろうか?」と思い始 めたら、つらくてしょうがなくなっていた時期がある、と言っていた。それに続けて「元気な人、強い人は、そういうことを考えても大丈夫なのかもしれない が、僕はその時とても気弱だったので、その考えに打ち負かされた感じになってしまった」とも語っている。

 でも、その「元気だから平気な人」が、その後もずっと「平気だから」、ついに木々を切り始めてしまった、 という気がしてならない。どこでも平然と木が切られている。木を切られないようにするには、もう街路樹をすべて桜の木にするしかないのではないか(日本人 は桜は切らないだろう)。

 やはり少しは「木を切ることがつらい」という気持ちを持ち合わせるべきだ。だって、犬の脚だったら切らないでしょう?

 締めの文句。木をやむなく切ったら、薪にするか、それで何か作るべし。同様に、やむなく動物を殺すときは、食べましょう。死を、ムダにしてはいけない。

 モザイクアフリカ

 心の中には モザイクのような
 織り込まれた 昔の記憶がある
 それは時々 顔を出して
 炊き込み御飯のように 湯気をたてるよ

 食べることも 歌うことも 愛することも
 生き物の醍醐味
 食物連鎖 適者生存 生き物の織り成す
 モザイクアフリカ

※浸透圧の説明を書こうと思ったのですが、私が把握していた内容が不正確でした。
松島のおすすめとして、下記ページを参考にしてください。

森田保久の高校生物関係の部屋  http://village.infoweb.ne.jp/~yasuhisa/hisa1.htm

松島さんにメールはkutaja@parkcity.ne.jp


【萬晩報評】街路樹の剪定は本当に悲しいことです。とくに紅葉を間近に控えたイチョウ並木が 丸裸になる姿は痛ましい。驚くべきことに街路樹の剪定は多くの場合、地域住民の苦情でやっているということです。自然に感謝すべきところ、「苦情」ですか ら開いた口が塞がりません。日本人のこころの貧しさを象徴する行為だと思います。(伴 武澄)

去年書いた下記のページを読んで下さい。
1999年09月21日 社員全員に「木を植えた人」を贈った社長


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yorozubp.com/mt/mt-tb.cgi/1345

コメントする

このブログ記事について

このページは、伴 武澄が2000年4月12日 13:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北朝鮮への援助を考える」です。

次のブログ記事は「「市場主義」対「伝統経営」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ